欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

キエッリーニが代表100試合到達。
知性と野性を併せ持つ“ドクター”。

posted2018/11/23 17:00

 
キエッリーニが代表100試合到達。知性と野性を併せ持つ“ドクター”。<Number Web> photograph by Getty Images

ブラジルW杯ではスアレスの噛みつき被害にあったキエッリーニだが、それほどまで相手FWを辟易させる存在なのだろう。

text by

手嶋真彦

手嶋真彦Masahiko Tejima

PROFILE

photograph by

Getty Images

「誇らしく、興奮した」

 イタリア代表のジョルジョ・キエッリーニが喜びをそう表現したのは、ずっと敵地でしかなかったスタジアムでスタンディング・オベーションを受ける主役となったからだ。

 トリノを本拠地とするユベントスで在籍14シーズン目を迎え、今季からはキャプテンを務めるキエッリーニは、2018年11月17日のポルトガル戦でイタリア代表での通算100試合目を刻み、それまでは敵地にすぎなかったミラノのジュゼッペ・メアッツァで大いに讃えられたのだ。

 イタリア代表で通算100試合出場の大台に乗せたのは史上7人目。たったの7人であり、容易には到達できない高みと言える。屈強なCBで若い頃は頻繁に左SBもこなしたキエッリーニは、歴代6位のディノ・ゾフ(GK)の112試合をすでに射程に捉えている。

 奇しくも、節目を迎えたポルトガル戦からちょうど14年前の2004年11月17日に、A代表での第一歩を踏み出した。当時20歳だったキエッリーニのこの大成を誰が予想しただろう。

修士号を取得した文武両道。

 歴代1位のジャンルイジ・ブッフォン(176試合/GK)をはじめ、2位のファビオ・カンナバーロ(136試合/DF)、3位のパオロ・マルディーニ(126試合/DF)、4位のダニエレ・デロッシ(117試合/MF)、5位のアンドレア・ピルロ(116試合/MF)は、いずれも早くから注目を集め、相当な逸材と目されていた。

 キエッリーニの場合は、自らも「12歳や14歳の頃の僕は、他の選手よりも優れているとは見なされていなかっただろう」と回顧する。だとすればなおのこと、この偉業は讃えられてしかるべきだ。

 いっそう賞賛されていい理由はもうひとつある。キエッリーニは2017年4月に修士号を取得した文武両道の体現者なのだ。

 大学で経済学と経営学の学士号を取得後、社会人向けの大学院へと進み、オンライン中心の授業を受けながら、32歳にして経営学のマスターコースを修了する。

「まだ独身だった頃は毎日夕方に2時間。試験の前はチームメイトと一緒の時も勉強していた。家庭を持って娘が生まれてからは、娘と離れてチームと一緒にいるときにしか勉強しなかった」

【次ページ】 「ドクター」とも呼ばれる。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョルジョ・キエッリーニ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ