スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

エディーの挑発が真剣勝負を生んだ。
日本相手に描いたシナリオの凄さ。

posted2018/11/19 11:45

 
エディーの挑発が真剣勝負を生んだ。日本相手に描いたシナリオの凄さ。<Number Web> photograph by AFLO

“挑発”が話題になったが、エディーと日本のメンバーが旧交を温める場面も。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 フィジカリーにスマッシュします。

 祈りなさい。お寺に行って、我が身の無事を祈っておきなさい。

 情け容赦なく、行きますから。

 いずれも日本対イングランドのテストマッチを前に、イングランドのヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ氏が語ったとされる言葉だ。

 こうした“挑発”に日本はスマートに対応した。

 8万1000人を飲み込んだトゥイッケナム・スタジアムで、日本は前半に学習能力、準備力の高さを披露、15対10とリードした。しかし後半に入ると、イングランドが別人へと変身、後半だけを見ればイングランドが25-0と日本を封殺した。

 リスペクトを尊ぶラグビー文化のなかにあり、しかも教え子がたくさんいるジャパンに対して、不必要とも思える挑発をなぜ行なったのか。

“fired-up”してもらわないと。

 試合が終わって、ジョーンズ氏の意図が見えてきた。

「ジャパンに“fired-up”してもらわないといけませんでしたから」

 意図的にfired-up、日本にメラメラとやる気を起こさせた?

 言われてみれば、後付けではなく、たしかにそうした要素があったことは否定できない。

 イングランドにしてみれば、オールブラックス相手に1点差の惜敗を喫した翌週、日本が相手では選手たちがモチベーションをアップさせるのは正直、難しい。

 そこでジョーンズ氏は日本を挑発するような言葉を繰り出し、タフな試合になるように布石を打った。来年にはワールドカップ日本大会を控え、無駄な試合はひとつとして許されないというのがジョーンズ氏の考え方だからだ。

【次ページ】 冷静にやり返す山田、リーチ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エディー・ジョーンズ
山田章仁
西川征克
リーチ マイケル

ラグビーの前後のコラム

ページトップ