スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

エディーの挑発が真剣勝負を生んだ。
日本相手に描いたシナリオの凄さ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/19 11:45

エディーの挑発が真剣勝負を生んだ。日本相手に描いたシナリオの凄さ。<Number Web> photograph by AFLO

“挑発”が話題になったが、エディーと日本のメンバーが旧交を温める場面も。

「ジャパンはタフな相手だ」

 前半のジャパンは、ティアIと呼ばれる強豪国と堂々と渡り合えるラグビーを披露した。しかしそれこそ、ジョーンズ氏が求めていたものだった。

 ジャパンがタフに戦ってくれなければ、イングランドにとってもプラスにならない――。そこまで視野に入れていたということだ。

 それでも敵将にもコントロールしきれないことがある。

 イングランドは前半3分、日本のSO田村優の不用意なキックを見事なカウンター攻撃に結びつけるとあっさりとトライを奪った。これが前半、後手に回った理由だというのだ。

「最初のトライを簡単に取りすぎてしまいました。試合前、私は『ジャパンは簡単な相手じゃない。タフな相手だ』と言い含めていましたが、選手たちは『思っていたほどタフじゃない。今日はイージーに勝てる』という心のなかの囁きに誘惑されてしまったのでしょう。ラグビーではよくあることです。後半、しっかりと対応できたことには、とても満足しています」

舌を巻くストーリー構築力。

 今回の試合を見て、改めてジョーンズ氏のストーリーの「構築力」に舌を巻いた。

 イングランドの関係者によれば、日本戦を前にジョーンズ氏は、日本の鍵となる5選手のカットアウト(等身大のパネル)を作り、練習施設に展示して、イングランドの選手たちへの意識づけを行なっていたという。

「エディーのアプローチは、オールブラックス相手も、ジャパン相手にも変わらない」

 来年のワールドカップ日本大会では、イングランドが属するプールCが最激戦区になる。

 同組にはフランス、アルゼンチン、トンガ、アメリカが入り、プールステージでは最も争いが激しいプールになった。

【次ページ】 W杯へのシナリオは。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エディー・ジョーンズ
山田章仁
西川征克
リーチ マイケル

ラグビーの前後のコラム

ページトップ