スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

エディーの挑発が真剣勝負を生んだ。
日本相手に描いたシナリオの凄さ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/19 11:45

エディーの挑発が真剣勝負を生んだ。日本相手に描いたシナリオの凄さ。<Number Web> photograph by AFLO

“挑発”が話題になったが、エディーと日本のメンバーが旧交を温める場面も。

W杯へのシナリオは。

 前回のイングランド大会では、開催国であるにもかかわらずプールステージで敗退。

 ジョーンズ氏が、今週末のオーストラリア戦を控え、そして年が明けてからのシックスネーションズでは、オールブラックスを破ったアイルランドとの試合が開幕週の2月2日に予定されている。

 来年のワールドカップまで、どんなストーリーが展開していくのか。

 大会を楽しむためにも、今からジョーンズ氏が描くシナリオから目を離してはいけない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エディー・ジョーンズ
山田章仁
西川征克
リーチ マイケル

ラグビーの前後のコラム

ページトップ