濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

再戦は慎重に……。那須川vs.堀口、
“世紀の他流試合”の緊張感と余波。

posted2018/10/10 10:30

 
再戦は慎重に……。那須川vs.堀口、“世紀の他流試合”の緊張感と余波。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

時代を超えて語り継がれる名勝負となった那須川vs.堀口。果たしてリマッチはあるのか……。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

“世紀の一戦”を制した男の出で立ちは、スーツにサンダルだった。「RIZIN.13」(9月30日、さいたまスーパーアリーナ)一夜明け会見での那須川天心である。

 この大会で、デビュー以来無敗の“神童”那須川はMMAの世界的強豪、堀口恭司と対戦した。ルールは3分3ラウンドのキックボクシング。堀口はこれが初のキックルールだが、MMAでも伝統派空手をベースとした打撃を武器にしている。

 パンチ、蹴りしか使えないルールでも、堀口はめっぽう強いだろうと容易に想像できた。むしろ幅の狭いルールで対戦することで、MMAとは違う“他流試合”“異種格闘技戦”としての妙味が生まれたとも言える。

 簡単に言えば、想像力を刺激してくれるのだ。

 打撃だけの堀口はどれだけ強いのか。それは那須川をも凌駕するほどなのか。キックボクシングの“最高傑作”の1つが負ける場面を見てしまっていいのか。

 とはいえ堀口が負けるのも、今や“事件”だ。

“現在進行形の伝説”が激突!

 大会チケットは売れに売れ、増席を繰り返した。27208人の観客数はRIZIN旗揚げ以来最高。PRIDE全盛期の数字に戻ってきたとも言えるが、もちろん観客にはPRIDEを知らない世代、那須川や堀口やRENAが掘り起こしてきた若いファンも多かった。

 いわばこの試合は“現在進行形の伝説”がぶつかり合うもの。「歴史の証人になるために」と言ってしまうとものほしげな感じもするが、そういう気持ちがなかったと言うのもまた嘘になる。

【次ページ】 台風で揺れた当日のスケジュール。

1 2 3 4 NEXT
那須川天心
堀口恭司
ミルコ・クロコップ
ロッキー・マルティネス
アンディ・ウィン
山本美憂
榊原信行

格闘技の前後のコラム

ページトップ