月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

平成最後の高校野球、美談と正論。
猛暑、球数を問題提起した東スポ。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/09/03 08:00

平成最後の高校野球、美談と正論。猛暑、球数を問題提起した東スポ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

金足農・吉田輝星の球数や酷暑問題……。2018年夏の甲子園ほど、メディアの見識を問われた大会はなかっただろう。

美談で現状を覆い隠すくらいなら。

 伝統的なものには、長く続いているというだけで意味や価値があったりする。そこを好きな人もいる。

 長く続くものだから不条理な慣習もすべてオーケーかと言えば、さすがに変えたほうがいいものもある。

 高校野球を急進的に変えろとは私は思わない。でも美談で現状を覆い隠すくらいなら、「徐々に」でも変えていこう、日程からでも議論しようという姿のほうが美しい。

 スポーツ新聞だからこそ高校野球「論」も活発にやってほしい。あえて言うが「活字野球」もまた極上のエンタメなのである。

 以上、8月のスポーツ新聞時評でした。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
吉田輝星
金足農業高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ