Beyond The GameBACK NUMBER

日程の大胆見直しで甲子園の罪よ、さらば。
~有力な投手の負けを願わねばならない日程は終わりにしよう~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/09/02 17:00

日程の大胆見直しで甲子園の罪よ、さらば。~有力な投手の負けを願わねばならない日程は終わりにしよう~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

総入場者数が史上初めて100万人を突破した今大会。勝者にも敗者にも惜しみない拍手が贈られた。

「負けた方がいい」

 こう思う心に罪を感じる。

 だが今夏の第100回全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田・金足農業が勝ち進めば勝ち進むほど、悪の心が頭をもたげた。

 公立農業高校で、ベンチ入りの18人が全員地元出身というチームは、まさに高校野球。しかも勝ち進む追加属性につれてナインが成長していく姿は、まるでマンガかテレビドラマのようだった。

 勝ち方もいい。3回戦は優勝候補の横浜相手に高橋佑輔内野手の公式戦初アーチの3ランで逆転勝ち。準々決勝の近江戦で決めたサヨナラ2ランスクイズもアッと驚かせた。そして準決勝では強打の日大三を、エース・吉田輝星投手の快投で抑え込んでの決勝進出。最後はタレント軍団・大阪桐蔭に屈したが、彼らの戦いには高校野球のカタルシスがあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

金足農業高校
吉田輝星

高校野球の前後のコラム

ページトップ