野球善哉BACK NUMBER

常葉大菊川は最後まで真っ向勝負。
近江・北村に6打点献上も勲章だ。

posted2018/08/17 14:00

 
常葉大菊川は最後まで真っ向勝負。近江・北村に6打点献上も勲章だ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

近江・北村圭吾の6打点が大きく注目されたが、勝負にいった常葉大菊川バッテリーの姿勢にも高校球児らしさがあった。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 彼らの選択肢に「敬遠」の二文字はなかった。

 常葉大菊川の捕手・根来龍真は言う。

「榛村が今までやってきたことを信じて、こいつなら抑えられるっていう想いがあったんで、勝負しました。敬遠するのは簡単ですけど、勝負して打たれても悔いはないし、(挑んで)良かったと思います」

 常葉大菊川バッテリーはこの日、全打席ランナーを置いて迎えた相手の主砲・北村恵吾に対して、真っ向勝負を演じた。

 結果は4打数4安打6打点。

 9失点のうち半分以上を北村のバットから叩き出されたのだから、この決断が勝負を分けたと言ってもいいだろう。

両左腕の右打者へのストレート。

 両校の勝負を隔てたもの。それは左腕特有の、右打者に対するインコースのストレートだった。

 この日の先発は常葉大菊川が榛村大吾、近江が林優樹と、ともにサウスポー。2人が特に意識的に使っていたのが、対角線のストレートだった。

 左腕のストレートは右打者の懐に食い込んできて、右投手にはない角度になる。打者は振りに行っても詰まるし、タイミングを早くし過ぎてしまうとファールにしかならない。インコースのボールををいかに有効活用するかが、両左腕にとってポイントだった。

 打席の中で北村は、相手バッテリーの意図を感じ取っていた。

「インコースを意識していました。でも、インコースだから(体を)開くのではなく、詰まりながらでもライトに落とす意識をしていました。どのコースにきても、逆方向に打つことを意識していました」

 北村は初回の第1打席、2死一塁で回ってきた場面で真ん中に抜けたボールを見事に右中間にはじき返した。この場面を悔しそうに振り返ったのは、キャッチャーの根来だ。

「インコースを使いきれなかったですね。榛村は投げようと頑張っていたんですけど、変化球が甘くなったところを打たれた。力で押してはいけていたし、打球もそれほどいい当たりではなかったと思うんですけど……もう少しインコースに攻め切れていたらな、と」

【次ページ】 近江バッテリーが駆使した変化球。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

常葉大菊川高校
近江高校
北村圭吾
根来龍真
榛村大吾

高校野球の前後のコラム

ページトップ