月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

スポーツ新聞に愛された男――。
「劇薬」貴乃花親方の功績とは? 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byJMPA

posted2018/04/01 09:00

スポーツ新聞に愛された男――。「劇薬」貴乃花親方の功績とは?<Number Web> photograph by JMPA

角界の改革を進めるはずの貴乃花親方の、その足元で起こった暴行事件。親方の無念、いかばかりか……。

貴乃花親方がいたからこその改革の契機。

 弟子の暴行事件により潮目が変わり、貴乃花親方は告発状を取り下げて謝罪。親方衆からは場所中の出勤態度を含めて「解雇」相当の厳罰を求める声も出た。

 29日の理事会で決まった処分は『貴親方 年寄へ2階級降格』『3か月で理事から5階級月給64万円ダウン』(スポーツ報知・3月30日)。

 今場所の貴乃花は1人でかき回し、失速していったように見える。

 ただ、ここで紹介したいのは日刊スポーツの「記者の目」だ(3月24日)。

「研修会欠席し不祥事 重い監督責任」というタイトル。

「まさに貴乃花親方の独り相撲といえる」

「暴力問題再発防止を掲げた2月の研修会を貴乃花親方は欠席し、その結果、弟子が暴力問題を起こした監督責任は重い」

 と前半で貴乃花に対して厳しく書くが、

「そもそも貴乃花親方がいなければ、元日馬富士関が書類送検されるどころか、暴行が表面化することもなかったかもしれない」

「そうなれば研修会も開かれず、貴公俊の暴力問題発生と同日に発表された、峰崎部屋の暴力問題が発覚することもなかっただろう」

 と、「貴の功績」を振り返る。最後は、

《ここ5カ月ほど続く相撲界の危機感は生まれず、暴力根絶の雰囲気も生まれなかったはず。手法には賛否両論あるが、貴乃花親方という「劇薬」がもたらした約5カ月の効果が出るのは数年後かもしれない》

 劇薬を服用しつつ、相撲協会は変わっていくしかない。

 貴乃花親方は今後は理想を掲げ、かつ現場でも文句を言わせない振る舞いで突き進むしかない。各記事を読んでそう思った。

 それにしても荒れる春場所という格言はやっぱり健在だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
貴乃花
貴ノ岩
日馬富士
貴公俊

相撲の前後の記事

ページトップ