オリンピックへの道BACK NUMBER

小平奈緒、寺川綾、伊調馨の共通点。
「環境の変化」は進化につながる。
 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2018/03/12 11:00

小平奈緒、寺川綾、伊調馨の共通点。「環境の変化」は進化につながる。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

平昌五輪で2つのメダルを獲得した小平。オランダ修行など自ら新たな環境を求めた。

選手が意見を言えることに驚いた。

 いざ指導を受け始めると、驚きをいくつも感じたという。

「選手が意見を言うことができる、というのがまず新鮮でした。平井先生は『どう思う?』って聞いてくれるんですね。意見を押しつけないんです。それに個々の練習メニューの意味を説明してくれる。これはこういう強化のために行うんだと、選手に理解させながら進めてくれるんです」

 その後、鮮やかに復調した寺川は、ロンドン五輪で2つの銅メダルを獲得するなど、日本女子競泳陣の主軸として活躍するに至った。

 そしてまたレスリングの伊調馨も、環境を変えたことが奏功した1人だろう。

 伊調は、2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪と連覇した後、休養を経て、至学館大学から首都圏に練習拠点を移して競技を続けた。その後の変化は、伊調を長年見続けていた関係者には顕著に感じられた。

ロンドン五輪後、別人のような攻撃力に。

 北京五輪までの伊調は、タイプとしては受けに強みを持っていた。つまり「1-0で勝つ」ような戦い方を志向していた。北京でも準決勝は2-1、決勝は2-0で勝利している。吉田沙保里が豪快なタックルを決めて勝つのとは対照的で、そのために少々、吉田の陰に隠れていた感があるのは否めない。

 ところがロンドン五輪では、まるで別人であるかのような試合を見せた。63kg級(当時)で小柄な方だった伊調は、計量を終えて食事をしたあとは、対戦相手と数kgの体重差が生じることもあった。にもかかわらず、多彩かつ圧倒的な攻撃力を背景に、試合開始から積極的に技を繰り出してポイントを取っていった。

 初戦となった2回戦では、北京五輪準決勝で苦戦したマーティン・ダグレニアー(カナダ)と対戦するも6-1で一蹴。3回戦以降、決勝まですべての相手を5-0で退けた。

 しかも、ロンドン到着後の練習で左足首の靱帯の1本半を切る重傷を負い、スパーリングもままならない中での戦いだったのである。

【次ページ】 競技への意欲を手に入れるきっかけに。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小平奈緒
寺川綾
伊調馨
平井伯昌
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ