オリンピックへの道BACK NUMBER

スキージャンプの「台と風」問題。
高梨、伊藤らが語る平昌の難しさ。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2018/02/09 11:50

スキージャンプの「台と風」問題。高梨、伊藤らが語る平昌の難しさ。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

ソチに続き金メダル候補として五輪に臨む高梨沙羅。ジャンプ台と風を味方につけることができるか。

ジャンプはミスが許されない繊細な競技だ。

 この日の公式練習では言葉どおり、平昌のジャンプ台の感覚を捉えられたと感じられたのだろう。だからトップには立てなくても笑顔を見せた。

 平昌五輪を前に海外で合宿を行い、精力的に練習に取り組んだ。そこで図った修正の成果とも言える。

 ただルンビやドイツのカタリナ・アルトハウスをはじめ、ライバルは多い。

 ソチ五輪当時と様変わりしたと言えるほど、女子のレベルは上がっている。

「ミスが許されません」と今シーズンについて高梨は言うが、緊張から来る些細な力の入れ加減1つで100m走のタイムが変わってしまうように、ジャンプもまた繊細な競技だ。

 つかんだ感覚を活かせるかどうか、そこに勝負はかかってくる。

「緊張感はもちろんありますが、目指しているものは金メダルです。挑む気持ちで最後に勝ちきれるように高めたいです」

 そして、緊張と戦うのは高梨だけではない。その中で、自分のジャンプに徹することができるかどうか。4年間、1日も忘れずにいた悔しさをばねに積み重ねてきた時間は、そのための力となるはずだ。

伊藤有希は昨年の平昌大会で優勝。

 もう1人の日本代表選手である伊藤有希は、1本目で100.5mと全体3位、2本目は94.5mで7位、3本目は101.0mで6位を記録。

「しっくりきている感じはないですが、まだ日にちがあるので、しっかりやることを決めて取り組んでいきたいです」

 と、きっぱり語った。

 昨年の平昌での大会では、1戦目で優勝している。

「いいイメージはあります」と言うように、そのときの好感触も材料に、巻き返しを誓う。

【次ページ】 葛西ら男子勢が口を揃えた風の影響。

BACK 1 2 3 NEXT
高梨沙羅
伊藤有希
葛西紀明
小林潤志郎
小林陵侑
伊東大貴
平昌五輪
オリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ