JリーグPRESSBACK NUMBER

J1残留争い、今年のボーダーは?
8勝と考えると新潟、大宮、甲府は。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/10/05 07:00

J1残留争い、今年のボーダーは?8勝と考えると新潟、大宮、甲府は。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

アルビレックス新潟が置かれた状況はあまりにも過酷だが、可能性が完全に潰えるまで諦めることはないはずだ。

分配金が増えたことで、順位の重要性が増大。

 優勝争いでは鹿島アントラーズが抜け出したものの、2位以下のチームにも負けられない理由がある。上位3チームが来季のACL出場権を獲得するのは、昨年までと同じである。

 さらに加えて今年のJ1リーグでは、上位4チームが理念強化分配金を受け取ることができる。『DAZN』との大型契約が生み出したもので、2位は来年からの3年間で合計7億円、3位は3.5億円、4位でも1.8億円が配分される。優勝の可能性が消えてもなお全力疾走するモチベーションが、上位チームにはあるわけだ。

 さて、J1残留ラインはどのあたりになるのか。

 昨年は勝点30の新潟が、一昨年は同34の新潟が、15位でフィニッシュした。さらにさかのぼると、'14年に15位だった清水は勝点36で、'13年の甲府は同37である。'12年は残留ラインがさらに高く、15位の新潟は勝点40だった。

 残留するための勝点には、ごらんのような幅がある。そのなかで共通項を探すと、勝星が浮上してくる。

8勝、というボーダーを考えると……。

 J1が現行の18チームで開催されるようになった'05年以降、7勝以下のチームがJ1に踏み止まった例はない。8勝しても残留できないケースはあったが、少なくとも8勝が残留の最低条件になることを、データは示唆している。

 ここまで5勝の大宮が8勝へ持っていくには、3勝3敗以上が条件になる。上位との対戦を4つも残している彼らの道のりは、相当に険しくなってきたと言わざるを得ない。

 16位の甲府は、あと2勝で8勝に届く。残り6試合の対戦相手で、ACL出場と分配金獲得を射程にするのは、30節で対戦するC大阪のみだ。

 ドゥドゥとリンスに点を取らせるパターンができつつあり、失点が下位6チームで最も少ないことも加味すると、あと2勝というハードルを乗り越えることは可能だろう。

 残り試合の対戦カードは、甲府よりも15位の広島がタフだ。鹿島、川崎、浦和、神戸、FC東京、柏の6チームから2勝をあげなければ、8勝には到達しないのだ。千葉和彦、パトリック、アンデルソン・ロペスらの主力選手が、出場停止にリーチがかかっているのも気になる。

【次ページ】 残留争いは、数字で割り切れない感情の戦い。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アルビレックス新潟
大宮アルディージャ
ヴァンフォーレ甲府

Jリーグの前後のコラム

ページトップ