バレーボールPRESSBACK NUMBER

1年おきにボールが変わっては……。
バレー強化の意外な「落とし穴」。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/09/20 08:00

1年おきにボールが変わっては……。バレー強化の意外な「落とし穴」。<Number Web> photograph by AFLO

サーブを武器にする必要がある日本にとっては、国際大会と国内大会でボールが違うのは影響が大きいといえるだろう。

海外の選手はオーバーハンドで取ってしまう。

 そのサーブが世界トップのチームに通用するのかどうかがグラチャンでの1つの注目ポイントだったが、世界はさらに上を行っていた。

 昨季V・プレミアリーグで、フローター陣の中ではトップのサーブランキング5位だった李は、グラチャン5試合でサービスエースは1本。大きく崩してブレイクにつなげる場面も多くなかった。

 これまでは得意な対角線のコースに強いサーブを打てれば簡単に相手を崩すことができていた。しかしグラチャンではそうはいかなかったと李は言う。

「日本人選手のようにアンダーハンドでサーブレシーブしてくれたら、ボールが変化した時に弾いてくれるんですけど、海外の選手はオーバーハンドで取るので、安定していて、正面だと簡単には崩れてくれない。だから人と人の間を狙うとか、いろいろ考えていかなきゃいけないし、いつもなら崩せているようなサーブが返されて、変に『もっと攻めよう』と意識しすぎて空回りしてしまったところもありました」

 藤井も「自分では結構いいサーブが打てたと思っても簡単に返される。単に強く打つだけじゃなく、しっかりコースも狙える正確性がなければこのレベルでは厳しい」

 と、さらなるスキル向上の必要性を口にした。

Vリーグでは国際大会と違うメーカーのボールを使用。

 来年の全日本のトレーニングが始まるまでの間は、個々が所属チームでサーブの精度アップに取り組まなければならない。

 しかしここで問題がある。10月21日に開幕するVリーグの男子では、今シーズン、国際大会で使用されるミカサ製のボールではなく、モルテン製のボールが使用されるのだ。

 ミカサのボールとモルテンのボールは見た目も特性も違う。特にジャンプフローターサーブの場合、ミカサのボールと同じようにモルテンのボールを打つと、伸びすぎてアウトになってしまったり、変化の仕方が異なる。そのためモルテンを使用するシーズンはモルテンに合った打ち方をしなければならない。極端に言えば、今シーズンのリーグ中にモルテンのボールでフローターサーブのテクニックを磨いても、来年の全日本には直結しなかったり、むしろ遠回りになる場合もある。

【次ページ】 ボールが1年おきに行ったり来たりでは……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川祐希
小野寺太志
山本将平
山田脩造
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ