Number ExBACK NUMBER

田中将大の本当のライバルとは?
きわだつ“智辯和歌山”という存在。 

text by

二瓶仁志(Number編集部)

二瓶仁志(Number編集部)Hitoshi Nihei

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/08/09 07:00

田中将大の本当のライバルとは?きわだつ“智辯和歌山”という存在。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2006年の駒大苫小牧は、1933年の中京商以来73年ぶり、史上2校目の夏3連覇をかけて甲子園に挑んでいた。

魔曲「ジョックロック」と「魔物は二度笑った」。

 駒大苫小牧と対戦する直前の準々決勝、智辯和歌山対帝京の試合は、今も語り草となっている名勝負だ。

 9回表で8対4。4点ビハインドを追う帝京は2死一・二塁という絶体絶命の状況から6連打で8得点を挙げ、8対12と逆転する。その裏、連続四球でチャンスを広げた智辯和歌山は、4番橋本の3ランホームランで1点差に迫る。智辯和歌山の打線は止まらず、最後は主将の古宮克人が四球を選んで押し出しサヨナラ。13対12で勝負が決まった。

 智辯和歌山の攻撃中は常に“魔曲”「ジョックロック」が鳴り響き、試合後には「魔物は二度笑った」と報道された。

 智辯和歌山打線の恐ろしさを、全国が痛感した試合だった。

 試合中、奇跡の最終回、攻撃の前に高嶋仁監督はこう檄を飛ばしていたという。

「おまえら、何しにきたんや! 帝京に負けたら、田中とでけへんやないかい! 逆転してこい!」

 帝京に敗れそうな状況でありながら、名前を出してしまうほど田中への思い入れは強かった。

 きっかけはちょうどその1年前にさかのぼる。

2年生ながら、150kmの豪速球を投げていた田中。

 '05年、夏の甲子園決勝。駒大苫小牧対京都外大西、最終回のマウンド上には、背番号「11」を背負う彼がいた。

 2年だった田中はチーム最多の投球回を投げ、実質的にはエースの働きをしていた。優勝を決める最後の1球は150km。空振り三振を奪い、大きなガッツポーズをして雄叫びを上げた。150kmを記録したのは、2年として大会史上初だった。

 その瞬間、スタンドには智辯和歌山の2年生メンバーがいた。高嶋監督が「来年はおまえらが、この舞台に立つんや」と、イメージを持たせるために連れてきたのだ。

 その結果、彼らの中に田中将大という存在が克明に刻まれた。

【次ページ】 「日本で1番いいピッチャーは田中や!」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田中将大
橋本良平
廣井亮介
高嶋仁
駒大苫小牧高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ