野ボール横丁BACK NUMBER

清宮幸太郎を苦しめたインハイ攻め。
東海大福岡が突いた天才の弱点。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/03/27 18:10

清宮幸太郎を苦しめたインハイ攻め。東海大福岡が突いた天才の弱点。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

清宮幸太郎の春は、2回戦で終わった。打撃の弱点を徹底的に突かれたセンバツは、夏、そしてその先のために大きな経験になった。

東海大福岡監督「(清宮は)ローボールヒッター」

 そこへ行くと試合前、東海大福岡を率いる杉山繁俊が語っていたニュアンスは、少し違った。

「どこも低めを突いてヒットはOKという攻めをしているけど、私は、基本的にローボールヒッターだと思っているので、胸元をついて欲しいと思っている」

 つまり、逆だ。外を見せ球にし、インハイで勝負させた。

 試合前、早実の監督・和泉実が「安田君は相当、精度が高いよ。際を攻めてくる」と警戒していたように、東海大福岡のバッテリーは監督の要求に見事に応えた。外の変化球とインハイの直球をほぼ交互に使い、清宮を翻弄した。

インハイにコントロールミスは1球もなかった。

 いかにも明晰そうな捕手の北川穂篤が言う。

「下からすくいあげる感じのスイングなので、インハイは苦手だとすぐに気づきました」

 北川はインハイを投げさせるとき、ほぼ中腰で構えた。そして、そこのボールに清宮はことごとく手を出すのだが、中には甘い球もあったにもかかわらず、ほとんどがファウルか、詰まらされてしまったのだ。

「打席の中で、浮き上がってくる感じがあって、球速以上にキレがあった」

 中には明らかなボール球もあったが、清宮いわく「つい、手が出てしまう」とのこと。

 捕手の北川はこう分析する。

「初球、ほとんど外の緩いボールから入ったので、近くにボールがくると、球速もないので、つい打ちやすそうで手をだしてしまったのだと思います」

 確かに安田がインハイを投じるときは、高過ぎず低過ぎない、絶妙なところを突いていた。

 外の変化球が甘くなって清宮に打たれたシーンはあったが、インハイを突くときだけは「コントロールミスは1球もなかった」(北川)という。

 北川は、こう清宮にエールを送る。

「夏まで弱点をどう修正してくるのか。楽しみですね」

 130キロのスピードボールがなくても、清宮を攻略できる。おそらくは東京中のチームが春以降、この日の東海大福岡バッテリーの攻めを参考にしてくるに違いない。

関連記事

BACK 1 2
清宮幸太郎
安田大将
北川穂篤
早稲田実業高校
東海大福岡高校

高校野球の前後の記事

ページトップ