オリンピックへの道BACK NUMBER

全日本フィギュアは羽生絶対優位。
追う宇野、村上、無良らの可能性。

posted2015/12/23 10:40

 
全日本フィギュアは羽生絶対優位。追う宇野、村上、無良らの可能性。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

グランプリファイナルでは3位に食い込み、羽生について「追いかけるだけ」と語る宇野昌磨。シニアデビューの今季、目覚ましい成長を見せている。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 NHK杯で300点超えとなる322.40、グランプリファイナルではさらに合計得点を伸ばし3連覇を達成。

 偉業を成し遂げた羽生結弦は、全日本選手権で再び、国内での滑りを披露する。日程的に間がさほどない中での大会続きだ。その中でどのような滑りを見せるのか、注目が集まるのは必然だ。

 ただし、全日本選手権で楽しみなのは、羽生の滑りだけではない。羽生への脚光の陰に隠れてはいるが、スケーターたちは、それぞれに成果をあげ、大会に臨もうとしている。

 その中で、はじめに名前があがるのが、宇野昌磨である。

宇野、技術に裏付けられた好成績。

 宇野は10月のジャパンオープンで世界選手権王者のパトリック・チャン、ハビエル・フェルナンデスを上回る得点で1位となると、グランプリシリーズのスケートアメリカで2位と早くも表彰台に上がる。

 パリでのテロによりフリーが中止となったエリック・ボンパール杯はショートの成績がそのまま最終順位となり優勝。

 グランプリファイナルでは、自己ベストを19.36も更新する276.79で3位。この成績には、「まったく思っていませんでした」と驚きを見せた。

 成績もさることながら、ファイナルでの滑りが示したように、シーズンの中にも加速して成長してきた。その滑りからは、あらためて宇野の魅力が伝わってくる。

 宇野はこれまで何度も、高橋大輔への憧れを語ってきた。表現力のあるスケーターになりたいという趣旨の言葉もしばしば発している。それがために、宇野イコール表現力と語られがちだ。

 ただ、今シーズンの宇野の滑りが示したのは、高橋がそうであったように、技術の高さだ。昨シーズン習得した4回転トウループなどのジャンプ、プログラムの密度の濃さを支えるつなぎなどもそうだ。技術の裏づけあってこその好成績である。

【次ページ】 苦労があっても粘り強く取り組んできた村上大介。

1 2 3 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
村上大介
無良崇人
山本草太

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ