オリンピックへの道BACK NUMBER

全日本フィギュアは羽生絶対優位。
追う宇野、村上、無良らの可能性。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/12/23 10:40

全日本フィギュアは羽生絶対優位。追う宇野、村上、無良らの可能性。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

グランプリファイナルでは3位に食い込み、羽生について「追いかけるだけ」と語る宇野昌磨。シニアデビューの今季、目覚ましい成長を見せている。

ジュニアGPファイナル銅メダルの山本草太が全日本に。

 全日本選手権は、ジュニアで好成績を残した選手たちが出場する大会でもある。高校1年生の山本草太はその筆頭格と言ってよい。

 ジュニアグランプリシリーズで3位、1位となった山本は、ジュニアグランプリファイナルでは昨シーズンの銀メダルに続く表彰台となる銅メダルを獲得。伸びやかなスケーティング、苦手とするトリプルアクセルはまだ安定感に欠けるが、ジャンプでも光るものを見せる。ポテンシャルの高さに加え、全日本選手権での表彰台を目標の1つとしてきただけに、注目の1人となる。

 羽生の活躍は、他の選手にも刺激を与えている。

 宇野は「追いかけるだけです」と羽生について語り、無良は「少しでも食らいついていきたいと思います」と言う。

 全日本選手権は注目度も含め、羽生が中心にいることは間違いない。

 同時に、全日本選手権は、今シーズン、それぞれに取り組み、光を見せてきたスケーターたちが、さらに課題を克服し、向上した演技を見せようとする機会でもある。

 今シーズン、彼らが初めて一堂に会する場で、互いの存在をどう受け止め、どのような滑りをするのか、楽しみだ。

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦
宇野昌磨
村上大介
無良崇人
山本草太

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ