プロ野球亭日乗BACK NUMBER

高橋由伸新監督が継承すべきもの。
原巨人が体現した「勝つ組織」とは。

posted2015/10/31 10:40

 
高橋由伸新監督が継承すべきもの。原巨人が体現した「勝つ組織」とは。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

12年の監督期間中に7度のリーグ優勝と3度の日本一をなしとげた原監督。その後任の責任は重い。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 頭にこびりついて離れない場面がある。

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)、ファイナルステージの第3戦。2点を追う9回の巨人の攻撃だった。

 マウンドはヤクルトの守護神・バーネット。その右腕から3番の坂本勇人が右前安打を放ち、続く阿部慎之助が四球で歩いた無死一、二塁。打席には5番の長野久義が入った。

 シーズン中ならほぼ100%、送りバントの場面だった。ところが巨人ベンチの原辰徳監督は強行策に打って出た。

 結果は遊ゴロ併殺打で、巨人は敗れた。

 これでシリーズが終わったわけではない。まだ王手をかけられたに過ぎない敗北だったが、実質的にはここで巨人のCS敗退が決まったと言える。そう感じた場面だった。

 なぜ、あそこで送りバントではなかったのか? なぜあそこで長野に打たせたのか?

「他のバッターなら(バントも)あったかもしれないけど、クリーンアップだったし、あそこは攻撃的にいこうということでしたね」

 試合後のぶら下がり取材でそのことを問うた時の、原監督の答えだった。

最後に「理想の野球」をやろうとした?

 ここからは勝手な想像である。

 原監督は最後に、自分の理想の野球をやろうとしたのではないか、という気がする。

「一番の理想はベンチが何もしない野球だな」

 だいぶ昔のことだが、どういう野球が理想かとたずねたときの答えだった。監督の仕事には大きく分けて2つある、とそのとき原監督は説明した。

 まず選手を集め、鍛えて、チームを作り上げること。そして2つ目がそのチームを動かして勝つことである。

「アマチュア野球は最初の仕事が大事になる。でもプロは2番目の仕事が一番のミッションになる。だからベンチが何もしないでも勝てるチームが理想だよ。そういうチームを作り上げられれば、それに越したことはないわけだからね」

【次ページ】 勝つために「自ら動く」策をとってきた原監督。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高橋由伸
原辰徳
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ