Number ExBACK NUMBER

相手が嫌がる「数字」を重視。
Number編集部が選ぶ侍ジャパン。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2015/10/08 10:30

相手が嫌がる「数字」を重視。Number編集部が選ぶ侍ジャパン。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

トリプルスリーを達成した柳田悠岐と山田哲人。史上稀に見る成績を残した2人が並べば……と夢が膨らむ。

「相手にとって嫌な打者」を。

 さて、このスタメン最大のポイントとなるのが、7番と9番に置いた2人の左打者です。この2人の選出理由は、「相手にとって嫌な打者」であること。これについては今季リーグトップの防御率2.24を記録した大谷翔平(日本ハム)が、ソフトバンクにだけ同6.58と打ち込まれたところから着想を得ました。

 大谷はNumber887号に掲載されている石田雄太氏の連載「野球翔年」の最新インタビューで、ホークス打線の強さは柳田ら主軸以外の働きにあると語っています。詳しくは本誌をお読みいただくとして、とにかくエース投手を消耗させるのは、案外スラッガーよりもコツコツ当ててくる打者なのです。

 今季の本塁打は中村晃が1本、中島にいたってはプロ通算0本と長打力はありません。しかし、中村晃は今季のパ・リーグで唯一の四球(66)が三振(47)を上回った打者。そして中島はもはや代名詞ともなった打席での粘りで、1打席あたりに投げさせた球数(P/PA)は12球団トップの4.32。彼らにはひたすら三塁線へのファールを繰り返してもらい、相手投手を疲弊させましょう。

 「プレミア12」はWBCと違って球数制限がありませんが、球数を費やしてぐったりしたところへ2巡目の秋山から連なる上位打線を迎えたら――。たとえ大谷級の投手でも、かなり厳しい戦いになるはずです。ちなみに、8番・嶋は昨季のP/PA両リーグ1位。かなり粘っこい下位打線になること、間違いなしです。

 以上が、Number編集部が選んだ侍ジャパンのスタメンです。右左のジグザグ打線にしているのも、相手の投手起用に少しでも迷いを生じさせるため。上位は豪快に、下位は緻密に。対戦国に嫌われてしまうくらいの強さを、見せてもらいたいと思います。

関連記事

BACK 1 2 3
秋山翔吾
山田哲人
柳田悠岐
中田翔
筒香嘉智
松田宣浩
中村晃
嶋基宏
中島卓也
小久保裕紀

プロ野球の前後の記事

ページトップ