Number ExBACK NUMBER

<夏の甲子園 記憶に残る名勝負>
斎藤佑樹、栄光の1年前の挫折。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/07/31 16:30

<夏の甲子園 記憶に残る名勝負>斎藤佑樹、栄光の1年前の挫折。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

早稲田実業は2015年春の都大会でコールド負けを喫し、それをバネに夏の甲子園出場にこぎつけた。その10年前、高校2年の斎藤佑樹も、初めてのコールド負けを経験していた――。

斎藤の「苦しんで、考えてきた経験」。

「最後まで諦めない素晴らしい試合でしたね。絶対に甲子園に行くんだというみんなの思いが8回の大逆転につながったんだと思います。(甲子園大会では)自分たちの持つ力を出し切ることに集中して、ひとつずつ勝ち進んで欲しいです」

「自分の持つ力を出し切ること」──。

 この言葉は、斎藤が自身に投げかけているようにも聞こえてくる。

 今季の斎藤は、開幕ローテーション入りを果たすも、2試合に先発した後にリリーフへと配置転換。

 後半戦からは再び先発に戻り、後半戦の過密スケジュールの中で試合を作るべく、一軍昇格の機会を窺っている。

 もどかしい日々が続く中、小誌は斎藤に「名勝負第1位」となったあの試合について、改めて話を聞くことができた。

 いや、この言葉は正確ではない。

 斎藤が話してくれたのは、あの試合へと至る、誰もが知らなかった歩みである。

 その歩みの中には、今年のチームにとっての「春季大会でのコールド負け」という苦い経験にも似た、斎藤にとっての大いなる「挫折」、本人の言葉を借りれば、「苦しんで、考えてきた経験」があった、という。

 涼しい顔をして伸びのあるストレートを投げ込んでいた、あの立ち姿からはまったく読み取ることのできなかった、そんな経験が自信となって、「自分の持つ力を出し切ること」を可能にさせていた。

 2005年の夏。

 栄光の1年前、誰も知らなかった斎藤佑樹が、そこにいた。 

高校野球100周年を記念し実施したアンケート「夏の甲子園 記憶に残る名勝負ベスト100」の結果、栄えある第1位に輝いたのは、2006年夏の決勝「早稲田実業×駒大苫小牧」。
石田雄太氏の徹底取材による記事「二つの夏を越えて」では、この名勝負の主役である斎藤が、いかにしてこの舞台に辿り着いたのかを詳細に追っています。アンケート結果の順位とあわせ、発売中のNumber883号でぜひお読みください。
夏の甲子園 百年の青春。

Sports Graphic Number 883

夏の甲子園 百年の青春。

 

関連記事

BACK 1 2
斎藤佑樹
早稲田実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ