SCORE CARDBACK NUMBER

今夏の地方大会注目選手、岡山に“松坂二世”現る。
~創志学園2年・高田萌生は本物か~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byJunji Koseki

posted2015/07/30 10:30

今夏の地方大会注目選手、岡山に“松坂二世”現る。~創志学園2年・高田萌生は本物か~<Number Web> photograph by Junji Koseki

すでに1年時から控え投手としてベンチ入り。早くも2016年ドラフト候補として注目を受ける。

 WBCの連覇、日本人選手のメジャーリーグでの活躍など、野球界の新時代を野茂英雄、イチローとともに切り開いた松坂大輔(ソフトバンク)の記憶が薄れていく中、岡山の高校球界に松坂の記憶を呼び覚ます本格派が出現した。その名は高田萌生(たかた・ほうせい/創志学園2年)。

 松坂がプロで活躍した1999年以降、数多くの“松坂二世”が出現したが、同じ横浜高校出身で沢村賞を受賞している涌井秀章(ロッテ)ですら力感を比較すれば物足りなかった。しかし、高田のストレートには、松坂二世と呼んでも見劣りしない力強さがある。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高田萌生
松坂大輔
創志学園高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ