松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

「怒らないようにしようと思うっすよ」
全米OP初日、松山英樹の“我慢”。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byJun Hiraoka

posted2015/06/19 13:10

「怒らないようにしようと思うっすよ」全米OP初日、松山英樹の“我慢”。<Number Web> photograph by Jun Hiraoka

この日は2度もバンカーからの華麗なリカバリーを見せた松山英樹。パットが決まりだせば一気にスコアが伸びそうな気配だが、果たして。

スコアを伸ばしていけそうかと問うと、小さく頷いた。

 首位とは5打差がついた初日。「明日はどういうセッティングになるかわからないけど……オーバーパーは打ちたくない」

 ちょっぴり控えめにそう言ったのは、彼の初日のスコアカードにボギーとダブルボギーが1つずつあったからだろう。だが、明日からの戦いでオーバーパーを打たないゴルフだけを目指しているかと言えば、すでに18ホールを回った今の本音としては、決してそうではないはずだ。

「スコアを伸ばしていけそうという感触も今日のラウンドでつかんだのでは?」と問いかけた。すると、松山は小さく頷き、こう言った。

「今日、フェアウェイは1回しか外してないんで。それぐらいのショットだったら、伸ばしていけるという感じはある」

 結果的には、初日はスコアを伸ばして落としたラウンドだったけれど、松山はミスも含めてその内容をポジティブに咀嚼し、その中で光を見いだそうとしている。そう、「怒らず、前を向く松山」は「諦めない松山」と同義語だ。スコアカードのボギーやダブルボギーは誰の目にも見える数字だけれど、彼の心の目はボギーやダブルボギーを糧として前進していく先の先を見ている。

「今日みたいなプレーができれば、ミスを少なくしていければ、まだ全然チャンスはある」

 そうやって希望を抱ける限り、初日のイーブンパーは好発進だと言っていい。彼の心の目は、もうすでに明日を見ている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ