SCORE CARDBACK NUMBER

連覇に挑んだ松山英樹の「リスク」と「報酬」。
~ダブルボギー以上に悔んだ一打~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/06/20 10:30

連覇に挑んだ松山英樹の「リスク」と「報酬」。~ダブルボギー以上に悔んだ一打~<Number Web> photograph by Getty Images

前回覇者として注目を浴びながらプレーした松山。首位と3打差の5位Tでフィニッシュ。

 ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ米ツアーのメモリアル・トーナメントで、松山英樹は連覇は逃したものの、攻めのゴルフを見せた。

 初日は64で首位スタート。2日目と3日目は71、71と思うようにスコアが伸びず、首位と5打差の5位タイで最終日を迎えた。前半は何度となくバーディパットを逃して、イライラが募っているように見えた。それでも攻めの姿勢を貫いて食い下がり、13番ホールから3連続バーディを奪うなど、一時は首位と1打差まで詰め寄った。

 そして16番ホール、パー3。松山は左サイドをぐるりと囲む池に寄り添うように切ってあるカップに向かって果敢に攻めた……が「風の読みが難しくジャッジミス」で池に入れ、痛恨のダブルボギー。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 585文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

待ってろ、ウィンブルドン。

Sports Graphic Number 880

待ってろ、ウィンブルドン。

 

関連記事

松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ