モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

スズキが22年ぶりの予選ワンツー!
接戦を生むMotoGPの“ハンデ”制度。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2015/06/21 10:40

スズキが22年ぶりの予選ワンツー!接戦を生むMotoGPの“ハンデ”制度。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

今季一番の成績を見せ、祝福ムードに包まれたスズキチーム。フラットな状況での勝利を彼らも望んでいるはずだ。

独自の電子制御ユニットを使うチームにハンデが。

 ワークスマシンと呼ばれる「ファクトリー・オプション」とプライベートチームが使う「オープン・カテゴリー」のマシンの違いは、ECU(電子制御ユニット)のソフトウエアである。

 ハードウエアは両者とも同じだが、独自のソフトウエアを採用するのが「ファクトリー・オプション」で、支給される共通ソフトウエアを使うのが「オープン・カテゴリー」。

 その差は歴然で、「ファクトリー・オプション」が圧倒的に速い。

 そのため「ファクトリー・オプション」にはハンディキャップが課され、使えるエンジンがシーズン5基までで、シーズン中の開発は禁止。決勝で使える燃料は20Lまでとなる。

 対して「オープン・カテゴリー」は、ワークスマシンの年式落ちを使うのが今年の主流。

 ソフトウエアは共通のものだが、使えるエンジンはシーズン12基で開発は自由。燃料は1.2倍の24Lだ。

 さらに「オープン・カテゴリー」は、「ファクトリー・オプション」より1ランク柔らかいタイヤを使える。

いまやファクトリー・オプションのバイクは8台だけ。

 ということで、現在「ファクトリー・オプション」のルールで参戦しているのは、ホンダとヤマハのそれぞれ4台だけ(ファクトリー・オプションは1メーカー4台までと規定されている)。

 ドゥカティ、スズキ、アプリリアは、「ファクトリー・オプション」ながら、「オープン・カテゴリー」の条件で出場できるという恩恵が与えられている(燃料に関しては細かい規定があり、何度も表彰台に立っているドゥカティは22Lになっている)。

 となると当然、実際どのくらいの差があるのか? という疑問が浮かぶ。

「オープン・カテゴリー」に許されたエンジンの運用方法は、「ファクトリー・オプション」とは“雲泥の差”であり、さらに燃料をいっぱい使えてパワーを追求しやすい。

 そして、1ランクソフトのタイヤが使えることで、同じバイクなら0.5秒前後は速くなると言われている。

【次ページ】 今年は7戦で5人がPPを獲得する接戦に。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アレイシ・エスパルガロ
マーベリック・ビニャーレス

MotoGPの前後のコラム

ページトップ