オリンピックへの道BACK NUMBER

「全日本選手権にこだわっています」
羽生結弦が臨む、年内最後の大舞台。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/26 11:00

「全日本選手権にこだわっています」羽生結弦が臨む、年内最後の大舞台。<Number Web> photograph by AFLO

羽生結弦にとって、2度目の出場となった2009年の全日本選手権。この年は、ショートプログラム13位からフリーで追い上げての6位。同じシーズンに世界ジュニアでチャンピオンとなっている。

 フィギュアスケートの選手にとって、全日本選手権は格別の重みを持つ。

 数々の選手が、大会に漂う独特の緊張を口にしてきた。

 その理由の1つが、オリンピックや世界選手権などの代表選考の対象となる大会であること。

 もう1つは、日本の上位の選手が一堂に会す場でもあることだ。ましてや、今日では国際大会で多くの日本の選手が活躍している。その選手たちが集まるわけだ。緊張や意気込みも特別なものとなる。

 その大会の中で、羽生結弦はさまざまな表情を見せてきた。

 羽生が初めて全日本選手権に出場したのは2008年12月。中学2年生のときのことだ。場所は長野市のビッグハット。このとき、8位の成績を残した。その次の年には6位となっている。

 前シーズンの世界ジュニア選手権優勝などを果たしてシニアに転向した2010年には4位で世界選手権代表入りを逃した。

 ショートプログラムで2位となったが、フリーでミスが相次いでの結果だった。

 羽生は言った。

「自分の持っている力を出せませんでした」

 反省点として残ったのが、「力が入りすぎた」こと、直前の練習でほかの選手とぶつかったことで「集中が切れました」。

「もっともっと練習していきたいと思います」

 悔しさを露わにしつつ、更なる成長を期した大会だった。

初の世界選手権をつかんだ2011年。

 2011年にはショート4位からフリー首位で巻き返し、総合3位。初の世界選手権代表をつかんだ大会となった。

 フリーを終えた直後には、トリプルサルコウが1回転になったことへの悔しさから両手で膝をたたいた。それでも、こう語った。

「連戦で疲れている中で、この演技が出来てよかったです。ショートプログラムから切り替えていけたのもよかったです」

 笑顔だった。

【次ページ】 「全日本選手権という名前にこだわっています」

1 2 3 NEXT
羽生結弦

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ