オリンピックへの道BACK NUMBER

「全日本選手権にこだわっています」
羽生結弦が臨む、年内最後の大舞台。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/26 11:00

「全日本選手権にこだわっています」羽生結弦が臨む、年内最後の大舞台。<Number Web> photograph by AFLO

羽生結弦にとって、2度目の出場となった2009年の全日本選手権。この年は、ショートプログラム13位からフリーで追い上げての6位。同じシーズンに世界ジュニアでチャンピオンとなっている。

今シーズン増えた、羽生の引き出し。

 そんなテーマとともに臨んで優勝したあと、緊張を克服した方法、手ごたえを尋ねられると、こう答えた。

「具体的に何をしたとか何をするとかそういうことは関係なく、とにかく今すべきことをただ淡々とやっていました」

 かつてない緊張と向き合いながら過ごした経験は、その後へとつながっていった。

 今シーズン、思いもよらないアクシデントのあった中国杯からNHK杯と、ある種の「怒り」とも感じられるような負けん気の強さとともに挑み、グランプリファイナルでは滑ることの楽しさ、幸福を感じ取った。羽生の引き出しはまた1つ増えたと言えるかもしれない。

 そのように過ごしてきて迎える今回の全日本選手権は、初めて出場したときの会場でもある長野のビッグハットで開催される。

 思い出深い場所で、どのような滑りを見せるのか。そして、何を得ることになるのか。

 今大会もまた、羽生が先へ進むための重要なステップの場となる。

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ