NumberEYESBACK NUMBER

日本一足の速い高校生、
陸上世界最高峰リーグへ挑む。
~6・30、桐生祥秀の走りに注目~ 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto

posted2013/06/27 06:00

日本一足の速い高校生、陸上世界最高峰リーグへ挑む。~6・30、桐生祥秀の走りに注目~<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

桐生は先月、ゴールデンGPで外国人と初対戦するも10秒40で3位。

 4月29日の織田記念陸上で10秒01の日本歴代2位を出した桐生祥秀(洛南高校)が陸上、世界最高峰のダイヤモンドリーグ(以下、DL)のバーミンガム戦から招待を受けた。'10年に新設された同リーグは、毎年5月から9月まで世界11カ国、14都市で行なわれ、各種目の総合優勝者には賞金とトロフィーが授与される。陸上選手にとって、世界各都市を転戦するDL出場は大きな憧れだ。

 今季もハイレベルなレースが展開されている。第3戦ニューヨークでは、今季世界最高の9秒86を出しているタイソン・ゲイ(米国)が圧巻の勝利。第5戦ローマの100mではウサイン・ボルト(ジャマイカ)がジャスティン・ガトリン(米国)に敗れたが、そのガトリンも6月9日にモロッコで行なわれた大会で、白人選手初の9秒台を出したクリストフ・ルメートル(フランス)に敗北を喫するなど、激しいトップ争いが繰り広げられている。ケガで出遅れていた感のあったボルトも、第6戦オスロの200mで今季世界最高の19秒79と復調を予感させる走りで、8月のモスクワ世界陸上の最有力候補に名乗りを上げた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 911文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

徹底検証3戦全敗。~CONFEDERATIONS CUP 2013~
桐生祥秀
タイソン・ゲイ
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
クリストフ・ルメートル
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ