Number Do SpecialBACK NUMBER

<Qちゃん、トレイルランに挑戦> 高橋尚子×山本健一 「山で走ることは、山で遊ぶこと」 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph bySho Fujimaki

posted2013/07/18 06:02

<Qちゃん、トレイルランに挑戦> 高橋尚子×山本健一 「山で走ることは、山で遊ぶこと」<Number Web> photograph by Sho Fujimaki
自然に囲まれた山で走るのは、絶対に気持ちいい――。
以前からトレランに興味を持っていた金メダリストが、
日本を代表するトレイルランナーと共に駆け、
走ることの楽しさと人間の潜在能力について語り合った。

本日発売の雑誌Number Do『日本百名山を再発見~あの山はもっと遊べる!~』、山登りの楽しみ方を様々な角度から探った今回の特集から、
高橋尚子さんと“山走りの達人”山本健一さんの体験記を特別に公開します!

 現役時代、走ることを誰よりも追求したQちゃん。そんなマラソンの女王に山を走ることについて教えてくれるのは、爽やかな笑顔がトレードマークのトレイルランナー、山本健一さん。高校教師をしながら、山を走ることを誰よりも楽しんでいる33歳だ。

高橋 今日はよろしくお願いします。山は初心者なので色々と教えてください!

山本 こちらこそ。僕も高橋さんから「走ること」について聞きたいです。

高橋 今からいく甲斐駒ヶ岳ってどんな山なんですか?

山本 標高の低いところから頂上まで一気に走れるので、頂上でかなり達成感がある山ですね。あと変化が大きい。登山口のあたりは広葉樹、途中はコメツガ、シラビソなどの針葉樹になって、苔もブワっと出てきます。

高橋 景色が変わると気分も変わりますよね。

山本 はい。そこからさらに登ると高山木、ナナカマドとかダケカンバがでてきて、一気に視界が開けて岩場になる。ハイマツがあって、天然記念物の雷鳥がいて。ところどころに鉄のでっかい剣が刺さってます。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6275文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

あの山はもっと遊べる!~日本百名山を再発見~
高橋尚子
山本健一

陸上の前後の記事

ページトップ