桐生祥秀 

<私が裁いた名勝負>雷かと思うような地鳴りがスタジアム中に。

審判だけが知っている

<私が裁いた名勝負>雷かと思うような地鳴りがスタジアム中に。

県営の陸上競技場が満員のお客さんで埋まっている。観客で膨れあがったスタンドを見て、びっくりしたのを覚えてます。スターター… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

短距離走

有料

2021/09/21

「悔しさが一番のモチベーションに」…桐生祥秀に細かく聞いた「どうして“100m9秒台”で走れたのか?」

Sports Graphic Number More

「悔しさが一番のモチベーションに」…桐生祥秀に細かく聞いた「どうして“100m9秒台”で走れたのか?」

2013年、高校3年生という若さで10秒01を記録し、日本陸上界悲願の9秒台にリアルな手応えを予感させた桐生祥秀。そこから4年、多… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

短距離走

2021/09/09

五輪惨敗から1カ月…桐生祥秀「走り方からぜんぶ変えました」 日本スプリント勢が世界と戦えなかった“2つの理由”

オリンピックPRESS

五輪惨敗から1カ月…桐生祥秀「走り方からぜんぶ変えました」 日本スプリント勢が世界と戦えなかった“2つの理由”

本番でいかにタイムを上げていくのか。日本勢の課題は明確だ。恵まれた条件以外でも、9秒台に近いタイムで走れるくらいアベレー… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

短距離走

2021/09/04

400mリレーで「攻めバトンに賭けるしかなかった」事情…日本の短距離はなぜ“惨敗”してしまったのか?

Overseas Report

400mリレーで「攻めバトンに賭けるしかなかった」事情…日本の短距離はなぜ“惨敗”してしまったのか?

残念ながらバトンは繋がらなかった。100m、200mでも予選通過はならなかった。ピーキングやコンディショニングも勝負、技術の一部… 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

短距離走

2021/08/08

“9秒台が4人でハイレベル”と言われた陸上短距離勢は東京五輪に何を感じたか 「世界に置いていかれている感じがしました」

オリンピックへの道

“9秒台が4人でハイレベル”と言われた陸上短距離勢は東京五輪に何を感じたか 「世界に置いていかれている感じがしました」

バトンは、届かなかった。8月6日、陸上男子4×100mリレー決勝。多田修平、山縣亮太、桐生祥秀、小池祐貴、予選と同じオーダーで… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

短距離走

2021/08/07

桐生祥秀の覚悟とニッポン4継の絆

Sports Graphic Number Special

桐生祥秀の覚悟とニッポン4継の絆

男子4×100mリレー=4継の肝はチームワークにあり。今大会、リレーにすべてを懸ける桐生はそれを最も知る男だろう。悲願の金メダ… 続きを読む

宝田将志Shoji Takarada

短距離走

有料

2021/07/31

男子4×100mリレー「銀メダル以上は実現できる?」「桐生とデーデーはなぜ選出?」理想オーダーに必要な“3つの条件”

オリンピックPRESS

男子4×100mリレー「銀メダル以上は実現できる?」「桐生とデーデーはなぜ選出?」理想オーダーに必要な“3つの条件”

8月6日に行われる決勝で、16年リオデジャネイロ五輪の銀以上の結果を目指す陸上男子4×100mリレー。 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

短距離走

2021/07/16

陸上日本選手権男子100m「果てなきデッドヒート」~ドキュメント~

Sports Graphic Number Special

陸上日本選手権男子100m「果てなきデッドヒート」~ドキュメント~

山縣亮太、桐生祥秀、サニブラウン・ハキーム、そして小池祐貴。日本選手権で4人の9秒台スプリンターが走るのは史上初だった。五… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

短距離走

有料

2021/07/01

多田修平25歳は高3まで「全国レベルで優勝できなかった」…日本選手権1位に急成長するまで“不調だった3年間”

Number Ex

多田修平25歳は高3まで「全国レベルで優勝できなかった」…日本選手権1位に急成長するまで“不調だった3年間”

2017年と2021年。この2年が多田修平の人生を変えた。高校時代は世代トップというわけではなかった多田だが大学3年になった2017年… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

短距離走

2021/06/29

桐生祥秀「一区切りかな」 山縣亮太は“9.95”のダメージが… 日本選手権「男子100m」はなぜ明暗が分かれたか

オリンピックPRESS

桐生祥秀「一区切りかな」 山縣亮太は“9.95”のダメージが… 日本選手権「男子100m」はなぜ明暗が分かれたか

少し前に降った強い雨は上がったが、走路面は濡れた状態で、ほぼ無風の条件でスタートした6月25日の日本陸上競技選手権男子100m… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

短距離走

2021/06/28

多田修平、涙!「本当にここまで来るのは長かった」10秒15優勝で初の五輪切符…山縣亮太も3位で内定【日本選手権男子100m】

Number News

多田修平、涙!「本当にここまで来るのは長かった」10秒15優勝で初の五輪切符…山縣亮太も3位で内定【日本選手権男子100m】

陸上の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権は25日に男子100m決勝が行われ、多田修平が10秒15で1着、3着の山縣亮太とともに東京… 続きを読む

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

短距離走

2021/06/25

【9秒95日本新】「誰かにムリでしょと言われても」山縣亮太、サニブラウン、桐生祥秀、小池祐貴… 100m9秒台カルテットの“スゴいメンタル”なエピソード

スポーツ名言セレクション

【9秒95日本新】「誰かにムリでしょと言われても」山縣亮太、サニブラウン、桐生祥秀、小池祐貴… 100m9秒台カルテットの“スゴいメンタル”なエピソード

雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介しま… 続きを読む

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

短距離走

2021/06/07

アスリートの本音「何のための東京五輪なのか」「全員が五輪賛成は難しい」大迫傑、桐生祥秀、奥原希望らに直撃取材

Number Ex

アスリートの本音「何のための東京五輪なのか」「全員が五輪賛成は難しい」大迫傑、桐生祥秀、奥原希望らに直撃取材

終息の兆しが見えないコロナ禍に、7割を超える東京五輪開催反対の世論……聖火リレーは始まったものの、こんな状況で本当にオリ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

その他スポーツ

2021/04/15

「勝負強さに欠ける」という視線を跳ね返し…桐生祥秀の「勝ち」へのこだわりとプロ意識

オリンピックへの道

「勝負強さに欠ける」という視線を跳ね返し…桐生祥秀の「勝ち」へのこだわりとプロ意識

記録は記録として尊い。同時に「勝つこと」も重要だ。そういう意味で、桐生にとって、今回の日本選手権優勝は価値がある。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

短距離走

2020/10/18

【大学ランキング】夏の五輪、出身大学1位は? 福原愛も選んだ「早大トップアスリート入試」の裏側

オリンピックPRESS

【大学ランキング】夏の五輪、出身大学1位は? 福原愛も選んだ「早大トップアスリート入試」の裏側

2012年ロンドン大会。サッカー女子の岩渕真奈(駒沢女子大)は11年サッカーワールドカップ大会優勝の最年少メンバーだった。水泳… 続きを読む

小林哲夫Tetsuo Kobayashi

その他スポーツ

2020/10/13

桐生祥秀が信頼する「ピンなし」が短距離界に起こす0.048秒の革命。

オリンピックPRESS

桐生祥秀が信頼する「ピンなし」が
短距離界に起こす0.048秒の革命。

「厚底」の次に来るのは、「ピンなし」だろうか。普段はあまり目にする機会のない、シューズの足底。厚底シューズが席巻する長距… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

短距離走

2020/08/29

桐生祥秀が新国立の初代王者に。トップ選手の違和感から見えること。

オリンピックPRESS

桐生祥秀が新国立の初代王者に。
トップ選手の違和感から見えること。

8月23日、新国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ陸上で優勝した桐生のタイムは10秒14。決して悪いタイムではな… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

短距離走

2020/08/24

「9秒98では新聞1面にならない」桐生祥秀が語る日本の100mの今。

オリンピックPRESS

「9秒98では新聞1面にならない」
桐生祥秀が語る日本の100mの今。

「多分、いや絶対、もう一度オレが9秒98で走っても新聞の一面にはならないんじゃないですか」 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

短距離走

2020/08/22

飯塚翔太、走る場所を探した3カ月。四継メンバーで“リモート”リレーも。

All in the Next Chapter

飯塚翔太、走る場所を探した3カ月。
四継メンバーで“リモート”リレーも。

久しぶりに向かい合うと、身長186cmの肉体はさらに大きくなっているように感じた。上半身と下半身のバランスは良いが、筋肉の盛… 続きを読む

田中大貴Daiki Tanaka

短距離走

2020/07/12

日本を熱狂させた魂のバトンパス。リオから東京に繋ぐ37秒60の記憶。

Sports Graphic Number More

日本を熱狂させた魂のバトンパス。
リオから東京に繋ぐ37秒60の記憶。

この結果はゴールではなくスタートでもある。「銀の次は金しかない」と、彼らは自ら高いハードルを掲げた。日本男子短距離の世界… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

短距離走

2020/06/20

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ