NumberEYESBACK NUMBER

フェデラー撃破の錦織圭。
全仏の赤土にも手応え。
~日本選手の“鬼門”攻略のヒント~  

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2013/05/23 06:01

フェデラー撃破の錦織圭。全仏の赤土にも手応え。~日本選手の“鬼門”攻略のヒント~ <Number Web> photograph by Mannys Photography

クレー特有の滑るコートにも巧く対応しフェデラーに勝利した錦織。

 テニスファンの5月のイメージカラーはレンガ色だ。パリ近郊、レッドクレー(赤土)のコートが並ぶローランギャロスで全仏オープンが幕を開けるのだ。

 全仏で優勝7回、クレーコートキングの異名を持つラファエル・ナダルがうまく仕上げてきた。左ひざの負傷で昨季後半戦を棒に振り、今年の全豪も欠場、しかし2月に復帰すると、マドリードまで出場した7大会ですべて決勝に進み5大会に優勝と、たちまちエンジン全開だ。

 本命ナダルを追走するのが、ランキング1位のノバク・ジョコビッチ。前哨戦の一つ、モンテカルロでは決勝でナダルを破った。四大大会では全仏だけ優勝がないが、それだけに期するものがあるはずだ。優勝争いは、この二人が軸になるだろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

錦織圭
ラファエル・ナダル
ノバク・ジョコビッチ
セリーナ・ウィリアムズ
マリア・シャラポワ
リー・ナ
ビクトリア・アザレンカ
森田あゆみ

テニスの前後のコラム

ページトップ