SCORE CARDBACK NUMBER

アウェー7連敗で感じる
女子日本代表の“ひ弱さ”。
~フェド杯で露呈した適応力の差~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiroshi Sato/Mannys Photography

posted2013/05/18 08:00

アウェー7連敗で感じる女子日本代表の“ひ弱さ”。~フェド杯で露呈した適応力の差~<Number Web> photograph by Hiroshi Sato/Mannys Photography

活躍を期待された森田(右)だったが、屋外の赤土コートで苦戦を強いられ勝利を逃した。

 バルセロナで行なわれた女子国別対抗戦フェドカップで日本はスペインに0-4と完敗、来季のワールドグループ(WG)2部降格が決まった。スペイン代表は世界ランク23位のカルラ・スアレスナバロら粒ぞろいで、用意されたコートは日本選手が苦手なレッドクレー(赤土)。村上武資監督は「一番タフなサーフェスであり、厳しい戦いは予想していた」と選手をかばった。

 スペインはWG優勝5回の強豪であり、確かに地力の差はあった。ただ、気になるのは、アジア/オセアニアゾーンを別にすれば、日本は'04年のブルガリア戦以来、敵地で勝っていないことだ。WGと同2部ではアウェー戦7連敗となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

常識を超えろ。~BASEBALL RISES 2013~

Sports Graphic Number 828

常識を超えろ。
~BASEBALL RISES 2013~

 

関連記事

村上武資

テニスの前後の記事

ページトップ