日本代表、2010年への旅BACK NUMBER

川口、楢崎、稲本、俊輔、玉田……。
“ドイツW杯組”が支えたチーム力。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byNaoki Nakanishi/JMPA

posted2010/07/03 13:30

川口、楢崎、稲本、俊輔、玉田……。“ドイツW杯組”が支えたチーム力。<Number Web> photograph by Naoki Nakanishi/JMPA

川口能活が語る“ベンチワーク”の重要性。

 チームキャプテンの川口能活は、こう語っていた。

「欧州チャンピオンズリーグを見ていても、勝つチームというのはベンチも大喜びしている。自分はそういう雰囲気をベンチでつくりたかった。僕はプレーしているとき、ベンチを見るんです。ベンチが盛り上がっていれば、それがモチベーションになる。そういうのをやっていかないと上には行けないですから」

 川口が先頭に立って、ベテランたちやサブに回った選手たちが一生懸命、盛り上げ役になったことが快進撃の支えになっていた。

誰もが虎視眈々とレギュラーを狙って練習に取り組んだ。

 彼らの活躍は“ベンチワーク”にとどまらない。むしろ練習に臨む姿勢こそがチームに刺激を与える意味では大きかった。

 誰もが虎視眈々とレギュラーを狙うべく練習で全力をぶつけた。玉田は「試合に出るためには練習で見せるしかない」と、切れのあるプレーでアピールを続けた。川口は「僕は気の利いたことをみんなに言えない。練習でやっていく姿勢を見せていくしかない」と殺気立つほどの気合で練習に臨んでいた。第3GKという立場ではあったが、試合に出たいという熱意を漂わせていたのだった。

 そして中村俊輔。彼はいつも最後まで練習グラウンドに立っていた。スーパーサブの役割として数少ないチャンスを活かすために、FKを蹴り込み、シュートを打ち続けていた。コーチから「もう上がれ」と言われるまで、延々と蹴っていた。

 デンマーク戦でFKを直接決めた本田圭佑は、練習ではなかなか決められずにいた。練習中、中村のキックを眺めていたこともあった。中村のキックがヒントになったかどうかは分からないが、ベテランたち各々の取り組みが、周囲の選手たちにいい影響を及ぼしたことは間違いなかった。

【次ページ】 サブ組の選手たちが抱いた悔しさ、もどかしい思い。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川口能活
楢崎正剛
稲本潤一
中村俊輔
玉田圭司
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ