日本代表、2010年への旅BACK NUMBER

川口、楢崎、稲本、俊輔、玉田……。
“ドイツW杯組”が支えたチーム力。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byNaoki Nakanishi/JMPA

posted2010/07/03 13:30

川口、楢崎、稲本、俊輔、玉田……。“ドイツW杯組”が支えたチーム力。<Number Web> photograph by Naoki Nakanishi/JMPA

サブ組の選手たちが抱いた悔しさ、もどかしい思い。

 今回、特筆すべきはケガ人が出なかったことだ。これも中澤佑二を含むベテランたちが先頭に立つことで、チームが集中力を持って練習に臨めたからだった。指揮官もケガ人ゼロの理由を「選手が集中してトレーニングしてくれているから」と話している。

 サブに回る選手たちはW杯という大きな舞台で出場できない悔しさとの戦いでもあった。まして年齢的にラストの大会になる可能性のあるベテランたちは、もどかしい思いを抱いていたに違いない。

 川口は彼らの苦しみを分かったうえで、こう強調している。

「正直つらい思いをしている選手たちもいると思うんです。でもね、彼らはそういう不満を一切もらさずに練習からやってくれた。もちろん、ピッチに出ている選手たちが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたのは間違いないけど、サブに回る選手たちの姿勢もまた素晴らしかったと僕は思う」

 岡田ジャパンが南アフリカの地で躍進した背景に、サブに回った選手たちの献身があったことを絶対に忘れてはならない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川口能活
楢崎正剛
稲本潤一
中村俊輔
玉田圭司
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ