野ボール横丁BACK NUMBER

強豪私学は公立高校に苦手意識が!?
甲子園、下克上のヒントを考える。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/08/28 10:30

強豪私学は公立高校に苦手意識が!?甲子園、下克上のヒントを考える。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

熊本県屈指の公立進学校・済々黌は、鳴門戦、漫画「ドカベン」に登場したプレーを再現するなど頭を使ったプレーで勝利。3回戦では地元・大阪桐蔭戦をしのぐ大応援団で、優勝候補を相手に善戦した。

公立進学校・済々黌に苦しめられた大阪桐蔭。

 最終的に明徳義塾は0-4で敗れた。だが、あそこでうまいこと継投し、0-1のまま終盤にもつれ込んでいたら、おもしろい展開になっていたはずだった。

 試合後、馬淵はこう語っていた。

「150キロのピッチャーが自分のところにおったら、130キロのピッチャー、スローボールに見えるんやろね。そういうもんよ。守ってるときに後ろから見とるだけでも、その速さに慣れてしまう。ああいう大型チームとやるときは、目先を変えられるピッチャーを2人ぐらい、おいとかんといかんね。右サイドと、左の軟投派と。桐蔭は、済々黌の左ピッチャーにも苦労しとったもんな」

 3回戦で大阪桐蔭とぶつかった公立進学校、済々黌のエース大竹耕太郎は、3本塁打を許し6失点したが、最後まで1人で投げ切った。こちらも序盤に、1-1と同点に追いつくなど、見せ場はつくった。

実は、公立高校を苦手に感じている強豪私学の監督は多い。

 全国制覇の経験を持つ強豪私学の監督が、夏の地方大会が始まる直前、こう話していたことがある。

「偵察にいくのは公立高校ばっかりですよ。県内の私学なら、情報もそこそこあるし、どことやっても負ける気がしない。特に怖いのは、公立の進学校ですね。どういう野球をやってくるかわからないので。ひとつのことを徹底する力は、公立高校の方があるんじゃないですか」

 実は、公立高校を苦手に感じている強豪私学の監督は多い。公立高校は、それをもっと自覚し、もっとうまいこと利用すべきなのではないか。

 また、馬淵のようなギャンブル的な「奇襲」も参考になる。

 強豪私学の時代になればなるほど、そうでない高校が、そこを倒す楽しみが増えてくる。

「つまらなくなった」とあきらめるほど、つまらないことはない。

関連記事

BACK 1 2
馬淵史郎
福永智之
福丈幸
大竹耕太郎
大阪桐蔭高校
明徳義塾高校
済々黌高校

高校野球の前後の記事

ページトップ