Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<雑草魂、千葉ロッテの中軸に> 角中勝也 「七尾発、高知経由、首位打者行き」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byMasaru Tatsuki

posted2012/08/27 06:00

<雑草魂、千葉ロッテの中軸に> 角中勝也 「七尾発、高知経由、首位打者行き」<Number Web> photograph by Masaru Tatsuki

四国IL出身者としてブレークした「なぜ」を解く鍵。

 もうひとつの「なぜ」。それは、高校卒業後に入団した四国ILの高知である。当時も今もそうだが、独立リーグに所属するということは、つまりは、社会人チームからも、大学からも声がかからなかったということだ。独立リーグとは、言ってみれば、プロでは通用しそうもない選手たちがプロ入りだけを目指すという矛盾をはらんだ組織でもある。

Katsuya kakunaka
1987年5月25日、石川県生まれ。日本航空第二高(現・日本航空石川)、高知ファイティングドッグスを経て、'07年ドラフト7位で千葉ロッテに入団。今季一軍に定着し、打率3割をキープ(8月10日時点)。7月にはオールスターゲームに初出場した。右投左打、180cm、80kg。 

 そんなチームにいた選手が、なぜ。

 それらの「なぜ」を解く鍵は、喜怒哀楽を表さない角中の性向の中にある。

 角中は、こう弁明する。

「人見知りする方なんで、感情を出すまでに時間がかかるんですよ」

 それも間違いではない。しかし、そうした傾向は、それ以上に角中のもっと奥深いところ、幼少期の経験が大きく関わっているように思われる。

 今の角中を構成しているのは、半分は資質で、半分は生まれ育った環境だ。

 そこに野球があったから――。登山家のジョージ・マロリーが発言したとされる「そこに山があったから」ではないが、角中が野球を続けてきた理由も、端的に言えば、そういうことになる。

「子どもをプロ野球選手に」という、父・稔の執念の結晶。

 角中は、ある意味、父・稔の執念の結晶と言っていい。

 七尾にある角中の実家で稔に話を聞き、思わず「角中選手の原点は、ここにあったんですね」と感嘆すると、稔はすかさず訂正した。

「ここじゃない、僕が原点。僕がおらんかったら、普通の子ですよ」

 角中のことを語るとき、稔は時折、挑みかかるような口調になる。

「生まれる前から、子どもをプロ野球選手にしたいと思うとった。だから、仕込む前から、男つくらにゃって思っとったもんね」

 稔の目は、甲子園を飛び越え、最初からプロ野球に向かっていた。

「そのぶん、金も、時間も、かかったわい。ここまでする親、どこにおるね」

【次ページ】 ただひたすらに、バットを振った野球漬けの少年時代。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

角中勝也
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ