スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

レブロンもコービーもTV局が操る!?
NBAプレーオフに見る米国スポビズ界。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2010/05/19 10:30

レブロンもコービーもTV局が操る!?NBAプレーオフに見る米国スポビズ界。<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

試合後、セルティックスのケビン・ガーネットと健闘を讃え合うレブロン・ジェームズ

週末と月曜のテレビ中継でチームの人気度が分かる。

 しかし、金曜日の夜は在宅率が低く、アメリカのテレビ、広告業界にとっては「魔の時間帯」と呼ばれている。出かける人が多いから、テレビを見ている人の総数が減ってしまうのだ。

 レイカーズは二度の週末に加え、月曜夜にも試合が組まれていた。

 アメリカ人は月曜の夜にスポーツを見る習慣を持っているから(例えばNFLの番組「マンデーナイト・フットボール」。週に1試合だけ好カードが月曜夜に組まれており、いつも高視聴率を記録する)、実はそれなりの数字が期待できるのだ。

 いかにレイカーズが人気チームなのかが試合日程からも分かるということ。

 一方、キャバリアーズの方もセルティックスとのシリーズは、第1戦、第4戦が週末に組まれていた。

 ウィークエンドには人気チームのシリーズを放送するのが定番なのだ。

フレキシブルな対応をするアメリカの放送局。

 アメリカでは、試合日程をフレキシブルに移動させるのは珍しいことではない。カレッジバスケットボールの準決勝、「ファイナルフォー」では数字が取れそうな試合を必ず第2試合に持ってくる。

 日本にたとえるなら、夏の甲子園の準決勝の2試合のうち、視聴率が取れそうな対戦カードの方を意図的に準決勝の2試合目に組むということだ。

 アメリカでこんなことが可能なのは、その競技の統括団体と、放映権を持っている放送局のパートナーシップがとてつもなく強固だということにつきる。

経済原則で考えるなら、レブロンの来季は……。

 経済原則が優先されることが多いアメリカのスポーツビジネス。

 その観点からいうなら、キャバリアーズとの契約が切れるレブロン・ジェイムスはニューヨーク・ニックスへ移籍して欲しい……と思っているファンやメディア関係者は多いだろう。

 レブロンのニックネームはキング。キングがニューヨーク降臨にすれば、メディアの露出も大きくなり、NBAが別の次元で活性化する可能性があるのだ。

 もしそうなったら、クリーブランドのファンはかわいそうだが……。

 レブロンの決断に注目が集まる。

 おっと、ひじをまずは治さないとね。

■関連コラム► コービーの契約延長が半年以上かかった理由。
► 2010年、NBAに激動の時代きたる!! ニックス&レブロンで来季は優勝?

コメントする・見る
BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

コービー・ブライアント
レブロン・ジェイムス
ロサンゼルス・レイカーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
NSBC

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ