SCORE CARDBACK NUMBER

プレーオフの命運を握る、
ウィザーズからの流出組。
~キャブスとマブス、分かれた明暗~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2010/05/12 06:00

プレーオフの命運を握る、ウィザーズからの流出組。~キャブスとマブス、分かれた明暗~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

バトラー、ヘイウッド、スティーブンソンを得たマブスだが、2勝4敗で第7シードのスパーズに敗れ1回戦で姿を消した

 NBAでは第2のシーズン、プレーオフが始まった。始まってみて、つくづく思うのだが、今年のプレーオフ戦線を左右することになるのは、プレーオフ進出の16チームではなく、プレーオフを逃したワシントン・ウィザーズではないだろうか。

 去年秋にシーズンが開幕した頃、当時ウィザーズにいたカロン・バトラー、アントワン・ジェイミソン、ブレンダン・ヘイウッドらは「今年こそはプレーオフ出場」との期待を抱いていた。ウィザーズは昨季プレーオフを逃していたが、今シーズン前の予想では多くの専門家から上位争いのダークホースだと評され、注目のチームだったのだ。しかし序盤に6連敗してつまずき、さらには12月に起きたギルバート・アリーナスの銃保持事件で一気にチーム崩壊へと向かった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ワシントン・ウィザーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
ダラス・マーベリックス
カロン・バトラー
アントワン・ジェイミソン
ブレンダン・ヘイウッド

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ