SCORE CARDBACK NUMBER

優勝力士も新十両も。
勢い止まらぬ蒙古旋風。
~モンゴル出身力士はなぜ強い?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/06/16 08:00

優勝力士も新十両も。勢い止まらぬ蒙古旋風。~モンゴル出身力士はなぜ強い?~<Number Web> photograph by KYODO

白鵬(左)と共にファンの声援に応える旭天鵬。1992年に来日した初のモンゴル出身力士の一人。

「もし相撲がオリンピック競技になれば、金メダルはモンゴルだ」と言われたら、うなずくほかはない。

 先の5月場所では、モンゴル出身のベテラン力士、平幕の旭天鵬が涙の初優勝を飾った。史上初の6大関が揃ったなかで、栃煌山との「平幕優勝決定戦」も、これまた史上初のこと。入門21年目、37歳8カ月での初優勝も、最年長記録だった。千秋楽を前に横綱白鵬が4敗を喫し、優勝争いから脱落。誰もが「日本人力士6年ぶりの優勝」の夢を、12日目まで単独トップを走っていた稀勢の里に託していた。しかし幕を閉じれば、賜杯を抱いたのはダークホース―モンゴル力士の「パイオニア」だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

旭天鵬
白鵬
稀勢の里

相撲の前後のコラム

ページトップ