SCORE CARDBACK NUMBER

紛糾の末まとまった改革案で
親方衆が残したかったもの。
~「年寄名跡」はどうなる?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/07/08 08:00

紛糾の末まとまった改革案で親方衆が残したかったもの。~「年寄名跡」はどうなる?~<Number Web> photograph by KYODO

4月の会談で、平野文科相から激励を受けた北の湖理事長。期待通りの改革案となったか。

 公益財団法人へ移行する認可を受けるために、改革案をまとめた日本相撲協会。なかでも協会内で議論が紛糾したのは、親方株といわれる「年寄名跡」の扱いだ。名跡は一代年寄を含め107あり、取得すると現役引退後も親方として協会に属することができる。これまで、当事者同士が水面下で取り引きし、表向きは金銭が介在しないと見なされていた。だが、名跡をめぐる裁判などで売買価格や不透明な授受方法が白日のもとにさらされ、角界独特のこの「システム」は、もはや周知の事実ともなった。

 1998年、時の境川理事長が、まさにこの名跡問題の改革を目指したが、猛反発を受け頓挫した過去がある。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

相撲の前後のコラム

ページトップ