プロ野球亭日乗BACK NUMBER

攻撃的2番打者・坂本勇人の誕生が、
日本野球の既成概念を打ち砕く! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2010/04/20 10:30

攻撃的2番打者・坂本勇人の誕生が、日本野球の既成概念を打ち砕く!<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

昨年5月以降1番に入った坂本は最終的に打率.306、18本塁打をマーク。4年目となる今季の目標には、3割超えとともに20本塁打を掲げる

右打ちの体得という坂本へのプラス効果も!

 そしてこの2番・坂本には、もう一つ、プラスアルファの効果が出るかもしれない。

「今年は右に強い打球を打てるようになるのが目標」

 開幕を前に坂本が掲げたテーマだったが、オープン戦から開幕当初にかけて、その右打ちの意識が強すぎたために、得意の内角にもバットが出にくくなるという“プチスランプ”状態があった。

「右打ちが苦手な打者が右にきちっと打とうとしたら、詰まるのを怖がらずに徹底的に右を狙わすことしかない」

 これは山本浩二さんの言葉だ。

 そうすることによって右に強い打球を打つポイントをムリヤリにでも理解して、その結果、自然と右に強い打球が飛ぶようになる。

 左右に打ち分けるのではなく、右打ちのたがをはめてやる。それが右打ちの技術を習得する近道にもなる。坂本が一回り大きくなるには「2番」はうってつけのポジションとなるはずなのだ。

 もう四半世紀以上も前のV9時代に出来上がった日本の2番打者像。だがスピードとパワーが飛躍的に向上した現代野球では、その古き「犠牲的2番打者論」を打ち砕き、新しい2番の姿を作り出すことも必要なのだ。

 坂本の2番には日本の野球の既成概念を打ち砕くパワーが秘められている。

関連記事

BACK 1 2
坂本勇人
松本哲也
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ