SCORE CARDBACK NUMBER

ヘビー級を活性化させる
米国復活の日は遠い。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph bySumio Yamada

posted2008/12/04 00:00

ヘビー級を活性化させる米国復活の日は遠い。<Number Web> photograph by Sumio Yamada

 先頃、沖縄・宜野湾市のリゾートホテルに滞在してトレーニングを続けていたニコライ・ワルーエフの取材に出かけた。WBA世界ヘビー級チャンピオン。身長214cm、体重145kgは歴代王者の誰をも凌ぐビッグサイズ。「別格」といわれるヘビー級でも、このロシア人はさらに別格の存在である。

 しかし、驚異的な巨体にもかかわらず、全盛時のタイソンやフォアマンが漂わせていた威圧感はない。自らの巨体を支えるのも容易ではなく、ジムワーク中の1分のインターバルでは必ず椅子に腰をおろす。ジミン・コーチは朝の練習でもランニングの代わりに水泳を勧めていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表W杯最終予選 アジア戦記。
ニコライ・ワルーエフ
ビタリ・クリチコ
ウラジミール・クリチコ
イベンダー・ホリフィールド

ボクシングの前後の記事

ページトップ