SCORE CARDBACK NUMBER

名門ジム会長が果たした日本人3人目の殿堂入り。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph bySumio Yamada

posted2009/01/06 00:00

名門ジム会長が果たした日本人3人目の殿堂入り。<Number Web> photograph by Sumio Yamada

 帝拳ジムの本田明彦プロモーターが米国のボクシング殿堂入りを果たした。過去に日本人で選ばれたのは、選手部門でファイティング原田こと原田政彦氏がいるが、関係者部門では初めてである(他にジョー小泉氏がジャーナリスト部門で選ばれている)。

 このスポーツの殿堂は米国の「世界ボクシング殿堂」と「国際ボクシング殿堂」の2つが有名だが、本田氏は間を置かず双方から選ばれたのだから、これは快挙である。12月に発表された後者は正確には'09年度の殿堂入りで、6月ニューヨーク州の「名誉の殿堂博物館」で催されるセレモニーで、選手部門のレノックス・ルイスらとともに正式に殿堂入りする。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 647文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2008年の衝撃。The Unforgettable Moment

Sports Graphic Number 719

2008年の衝撃。
The Unforgettable Moment

 

本田明彦
浜田剛史
ホルヘ・リナレス
西岡利晃
エドウィン・バレロ
ヘナロ・エルナンデス

ボクシングの前後の記事

ページトップ