記事に戻る

福島の公立進学校“御三家”は聖光学院を倒せるか? 楽しみな2人のエースが登場…国立大→プロを目指す大型左腕も

佐藤綾哉は、昨年、21世紀枠で46年ぶりのセンバツ代表校となった磐城で、2年生投手としてベンチ入りメンバーに選ばれた / photograph by Genki Taguchi 磐城高校のエース・佐藤綾哉 ©Genki Taguchi ランナーがいない場面では力を抑えて投げ、失点が許されないピンチでは一段階ギアを上げて力でねじ伏せる。この新たな形に好感触を抱けたのが春季大会だった ©Genki Taguchi 1年時から133キロをマークするなどポテンシャルを持つ安積高校エース・小関達陽。「安積にいいピッチャーがいるらしい」と、地元で知られる程度の存在だった ©Genki Taguchi 見逃したコース、スイングの軌道や球種での反応などを冷静に見極める。小関は“打者をよく観察する投手”だ ©Genki Taguchi

佐藤綾哉は、昨年、21世紀枠で46年ぶりのセンバツ代表校となった磐城で、2年生投手としてベンチ入りメンバーに選ばれた(photograph by Genki Taguchi)

佐藤綾哉は、昨年、21世紀枠で46年ぶりのセンバツ代表校となった磐城で、2年生投手としてベンチ入りメンバーに選ばれた / photograph by Genki Taguchi 磐城高校のエース・佐藤綾哉 ©Genki Taguchi ランナーがいない場面では力を抑えて投げ、失点が許されないピンチでは一段階ギアを上げて力でねじ伏せる。この新たな形に好感触を抱けたのが春季大会だった ©Genki Taguchi 1年時から133キロをマークするなどポテンシャルを持つ安積高校エース・小関達陽。「安積にいいピッチャーがいるらしい」と、地元で知られる程度の存在だった ©Genki Taguchi 見逃したコース、スイングの軌道や球種での反応などを冷静に見極める。小関は“打者をよく観察する投手”だ ©Genki Taguchi

ページトップ