Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ドキュメント(1) vs.ベルギー]聖地誕生――証言:小野伸二「埼玉スタジアムに託した夢」

posted2022/06/30 07:04

 
[ドキュメント(1) vs.ベルギー]聖地誕生――証言:小野伸二「埼玉スタジアムに託した夢」<Number Web> photograph by Michi Ishijima

text by

稲泉連

稲泉連Ren Inaizumi

PROFILE

photograph by

Michi Ishijima

サッカー専用としてアジア最大級の収容人員を誇るスタジアムは、'02年W杯開催の際に建設され、以降、日本のサッカーシーンを彩ってきた。「聖地」を設計し、生み、育てた男たちが“あの日”について語った。

 白鷺のつがいをイメージした巨大な屋根と観客席の合間から、朝の陽の光がピッチへと注がれる。光が地面に届き始めると、端正に刈り込まれた芝の緑が線となって輝き、徐々に影が伸びていく。

「その影の動きは思ったよりも早くて、いつもここからスタジアムを見ていると、地球の自転を感じるんですよ」と、輪嶋正隆がしみじみと言った。

 彼は日本サッカーの「聖地」と呼ばれるスタジアムのそんな風景を、「埼玉スタジアム2002公園管理事務所」でピッチの芝を管理するグラウンドキーパーとして、20年近くにわたって見続けてきた人だ。

「浦和美園駅から自転車に乗って埼スタに向かうと、いろんな自然の要素が目に入ってくるんです」

 管理を任されている駅前にロータリーの芝、補修用の圃場、木々の芽吹きや落ち葉の塩梅、道端の雑草の様子……。それら全ての動きがピッチの芝にもつながっているという。

「まァ、植物バカみたいなものですね」と彼は少しテレ臭そうに笑った。

 20年前、まだスタジアムの周囲には田畑が広がるばかりだった。

 今では多くのマンションや住宅地、大手のスーパー、学校や保育園もできた。一つのスタジアム建設をきっかけに、この街は作り上げられていった。その変化の全てを彼はその目で見てきたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6355文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

埼玉スタジアム2002
輪嶋正隆
佐藤仁司
田川伸明
小野伸二
柳田正
浦和レッズ
フィリップ・トルシエ
日韓W杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ