Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

明治大学「その男、絶対につき」~1990年・吉田義人~
<ラグビー名門大学の流儀>

posted2021/02/12 07:00

 
明治大学「その男、絶対につき」~1990年・吉田義人~<ラグビー名門大学の流儀><Number Web> photograph by Masato Daito

明大史上最高の主将と称される吉田義人。早大との大学選手権決勝では伝説の逆転トライを決めた

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Masato Daito

宿敵・早稲田との因縁の対決を制して、2年ぶりの大学日本一。「明治史上最高の主将」と称されるそのキャプテンシーは、果たしていかなるものだったのか。同期の戦友が激動の1年を回想する。

 急にきつい仕事になった。ことに冷える午後には。スポーツ新聞の担当記者はいつか体に変調をきたすと覚悟した。

 1990年度の明治大学ラグビー部。

 東京都世田谷区八幡山の黒い土のグラウンド。練習が終わらない。午後1時、あるいは2時。そのころに始まるトレーニングは日没まで続いた。みんな、いつ授業へ通っていたのか。それは別のお話。

 長時間の厳しい練習は好敵手の早稲田、慶應のいわば「定番」であった。楕円球の俊秀これでもかと集う明治は比べればずいぶん短く、八幡山の帰りには明るいうちに喫茶店でくつろげた。

 あのシーズン。様変わりした。

 春はましだった。まあ脚が棒になるくらい。秋が訪れ、しだいに寒さが増す。すーっと透明な鼻水を垂らして耐えた。ラグビー人気に従い、いつも3、4人はいた各社の取材者は肩を寄せて立ち続けた。競争しているのに同士のようだった。

 誰を待つのか。キャプテンだ。

 吉田義人。すでに日本代表のエース級のWTBであった。背番号は絶対に「11」。左の太ももには絶対に「青色のサポーター」。個人鍛錬を欠かさぬためにグラウンドを去るのは絶対に最後だ。ときにNHKの夜のニュースの始まるころ、ようやく話を聞けた。

 あれは春先の某日。合宿所の玄関を背に新主将は言い切った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4615文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー 主将に学べ

Sports Graphic Number 1020

日本ラグビー 主将に学べ

 

明治大学
吉田義人
西原在日
北島忠治
丹羽政彦

ラグビーの前後の記事

ページトップ