Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

聞く耳は持たず、ただ引っ張るのみ…吉田義人が「明治史上最高の主将」になるまで【同期“幻のキャプテン”の告白】 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byMasato Daito

posted2021/05/01 17:01

聞く耳は持たず、ただ引っ張るのみ…吉田義人が「明治史上最高の主将」になるまで【同期“幻のキャプテン”の告白】<Number Web> photograph by Masato Daito

早大との大学選手権決勝では伝説の逆転トライを決めた吉田義人

「僕らの魂がグラウンドの中に一杯いた」

 決勝。後半26分。西原在日がどーんと前へ出る。さらに前へ。ではなく、ここで横へ。紫紺と白の11番がフリーで球を得た。キャプテンは切り札に戻った。ひとり、ふたり、タックルを外し弾き、左のコーナーへ躍り込む。逆転のトライ!

 決勝先発に最上級生は5人。主力には3年部員が多かった。それで頂上を制した。

「吉田の姿勢にほれて、レギュラーになれない4年生が最後の最後までピリピリとした緊張感を漂わせていた。絶対に勝つんだという雰囲気ができあがりました。あいつら、みんな社会で活躍してるんですよ」

 吉田主将は、戴冠直後、NHKの現場インタビューに声を震わせた。

「僕らの魂がグラウンドの中に一杯いた」

 あったのではない。いたのだ。

 西原副将は、30年後、穏やかに話した。

「あれは本当だったのかもしれませんね。彼にとっては。同期への感謝でしょう。私も同じ気持ちでした」

 仲間を必要としなかったリーダーが仲間の心を動かし、仲間の献身に助けられた。ひたひたと力を伸ばした早稲田のつけ入るスキがなくなった。

【続きを読む】「あいつはひとりぼっちだな」なぜ62年目の北島忠治は、“群れない狼・吉田義人”を明大のキャプテンにしたのか?

日本ラグビー 主将に学べ

Sports Graphic Number 1020

日本ラグビー 主将に学べ

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
明治大学
吉田義人
西原在日
北島忠治
丹羽政彦

ラグビーの前後の記事

ページトップ