新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『サッカーと感染症 Withコロナ時代のサッカー行動マニュアル』感染症対策にも戦術は必須だ。カギは空間把握と概念の共有。 

text by

速水健朗

速水健朗Kenro Hayamizu

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/08/15 08:30

『サッカーと感染症 Withコロナ時代のサッカー行動マニュアル』感染症対策にも戦術は必須だ。カギは空間把握と概念の共有。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『サッカーと感染症 Withコロナ時代のサッカー行動マニュアル』岩田健太郎著 カンゼン 1300円+税

 オーバーシュート、クラスター、ロックダウン、新たなカタカナ語が違和感とともに日常に入りこむ中、“ソーシャルディスタンス”はすっと入ってきた。この言葉が最新のサッカー用語だと言われても信じただろう。ファイブレーンシステム、ハーフスペース、ポジショナルプレー。この5年強でサッカー用語は変化した。このサッカーの戦術の更新期は、現マンチェスター・シティのグアルディオラ監督がもたらしたものだ。

 そんなサッカーと感染症の関係について論じたのが本書で、著者は感染症医の岩田健太郎。クラスターが発生していたダイヤモンド・プリンセス号に乗船した岩田は、現場でのゾーニングの不備を指摘。ただ、それが原因となりたった2時間で下船を命じられる。告発の必要性を感じ、YouTubeで内情を伝えた彼の報告に世界のメディアが注目した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ジョゼップ・グアルディオラ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ