新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『アナリシス・アイ』
ペップを見抜いた筆者による
サッカーを観るための物差し。 

text by

五百蔵容

五百蔵容Tadashi Ihoroi

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2019/07/23 07:30

『アナリシス・アイ』ペップを見抜いた筆者によるサッカーを観るための物差し。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『アナリシス・アイ』らいかーると著 小学館新書 800円+税

 ジョゼップ・グアルディオラの率いるFCバルセロナがサッカー史に登場したのは、今を遡ること11年前、2008-'09シーズンのことでした。ボールを失った直後、激しいプレッシングで即時奪回。攻守の切り替え局面をことごとく制し、相手を巧みに動かすスピーディなパスワークでゴールを陥れる。高い強度のプレーを、あらゆる試合で繰り返し続ける彼らは世界を席巻。そのサッカーは、アリゴ・サッキのゾーンプレッシングに匹敵する「革命」と称されました。

 グアルディオラのチームのプレースタイル、局面を彩る戦術ひとつひとつは、決して「革命」的ではありませんでした。彼のもたらした「革命」の本質、それは〈サッカーにおける知の統合〉。現代サッカーに既に存在していた様々な要素・戦術を矛盾なく結びつけ、淀みない円環を成すゲームモデルを実際に作り上げ勝利し、具体的な方法論を示したのです。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ジョゼップ・グアルディオラ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ