話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

札幌の無敗は荒野拓馬が支えている。
ミシャ式を極めた先に代表もある。

posted2020/07/31 20:00

 
札幌の無敗は荒野拓馬が支えている。ミシャ式を極めた先に代表もある。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

荒野拓馬は時に自分を抑えられなくなるほどに勝負に対して熱い男である。それをいい方に生かす方法を見つけてほしい。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 北海道コンサドーレ札幌が好調だ。

 7月4日のJ1リーグ再開後、6試合を3勝3分けで終えて7月を乗り越えた(現在8位)。鹿島、横浜F・マリノスら強豪に勝ち、いつもなら取りこぼす展開だった湘南戦、仙台戦に負けずにドローで終えるなど、チームとして地力がついてきたことが見て取れる。

 リスタート時は鈴木武蔵の活躍が目立った。

 だがFC東京戦で存在感が際立ったのは、“不在の”荒野拓馬だ。

 仙台戦で退場してFC東京戦は出場停止だったが、その後の横浜F・マリノス戦では「荒野のチーム?」と思わせるほどの活躍だった。

 この試合に、荒野はいつもと異なる気持ちで入っていた。

 仙台戦で関口訓充選手と競り合いになって倒れ、起き上がる際に関口を蹴り上げて退場になった。その行為はSNS上で話題になり、厳しい声が飛んだ。荒野にもその声が届いており、試合前日には「今後の自分の行動で信用を取り戻すしかない。今はこれからどう変われるかという点に集中している」と新たな決意を語っていた。

攻守の最前線にいた荒野。

 マリノス戦、荒野は本職のボランチのポジションではなく、インサイドハーフのポジションにいた。ジェイやドウグラスなど高さと迫力のある前線の選手が欠ける中、ペトロビッチ監督曰く「モビリティのある選手」を起用し、全員が攻守に絡むサッカーにシフトし、マリノスのパスを封じ込めるようにしたのだ。

 荒野は、その攻守の最前線にいた。

 マンツーマンなので相手に鋭い出足で激しくチャージし、ボールを奪うとショートカウンターを仕掛け、前に飛び出していった。攻撃でも深いところでボールをキープして全体を押し上げる時間を作り、攻撃を組み立てた。

 もともと運動量のある選手だが、この日はさらに上下に激しく動きまわり、積極的に攻守に絡もうという意識が見られた。

【次ページ】 チームへの借りを返すためにも。

1 2 3 NEXT
北海道コンサドーレ札幌
荒野拓馬

Jリーグの前後のコラム

ページトップ