スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ラグビーの「獣性」が凝縮された、
イングランドとジョージアの奇祭。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by Keijiro Kai

posted2020/07/29 20:00

ラグビーの「獣性」が凝縮された、イングランドとジョージアの奇祭。<Number Web> photograph by  Keijiro Kai

イングランド中部のアッシュボーンで、17世紀より続く「Shrovetide Football」の1コマ。写真集『骨の髄』より。

午後2時から10時まで続く"フットボール”。

 アッシュボーンで行われる「Shrovetide Football」は、1669年にすでに開かれていた記録がある。チーム編成は、町を流れる川を挟んで「アッパーズ」と「ダウナーズ」に分かれるという。そして現在も午後2時に試合が始まり、午後10時まで続く。午後5時半までにボールが相手陣に運ばれた場合は、新しいボールが投入されることになっている。

 お祭りは、長い時間楽しまないとね――というスピリットは今にも引き継がれている。

 というわけで、知識としてここまでの事実は知っていた。

 しかし、甲斐さんは実際に現地に足を運ぶ。イングランドの人口1万人足らずの町、アッシュボーンに。

「ラグビーが好きだったからです。ラグビーの起源を撮りたいなと思って行ったら、予想外にけったいな世界が広がっていた」(写真集より。以下同)

「そもそもボールが写っていなかった」

 町総出のフットボールは、どんなものだったのか。

「それまでの写真術がまったく通用せず、想像していたものはまったく写せなかった」

 とにかく大勢の人が参加しているから、試合の「へそ」となる部分が見えないのは想像がつく。次の一文が素敵だ。

「そもそもボールが写っていなかった」

 ボールがないマスフットボールの写真が、実に雄弁なのである。

 昨年のラグビー・ワールドカップを観た人には、ぜひとも眺めて欲しい。

 ここにはフットボールの原初のスタイルが活写されており、男たちが持つ勇猛さ、暴力性、そしてその奥に潜む試合に参加する「喜び」が見えてくる。

【次ページ】 秋田のカマクラ祭りに漂う学生運動の気配。

BACK 1 2 3 4 NEXT
甲斐啓二郎

ラグビーの前後のコラム

ページトップ